イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/03│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度
さて先週どちらの条件も満たされないまま停戦になり、また平穏なイスラエルを取り戻しつつあります。
紛争が50日も続きましたから特に被害のひどかった南の子供達は夏休みを延長しましょうか、という話も出ていたみたいですが、イスラエル全国で無事おととい9月1日新年度を迎えることができました。

うちは長男と長女が高3にあがりましたが新学期早々学校の修学旅行でポーランドに行っております。
ポーランドと言えば第二次世界大戦でユダヤ人がたくさん亡くなった場所。ポーランドのユダヤ人の歴史を学びに、また亡くなったユダヤ人の冥福を祈る、、、、というと仏教用語になってしまいますが、亡くなった方の魂が天により近づくようにお祈りしたり現地の高校生と交流したりして過ごしているようでございます。

真ん中が中2、一番下も小5とかなり手が離れてきましたので自分の時間が少し取れるようになりました。
私はと言いますと、、、、今日は半年前から始めた空手の稽古始めに行ってまいります。おっす♪




スポンサーサイト
新年度の始まり始まり~
イスラエルは9月に新年度が始まります。
上の双子はキタח (日本でいう中2)真ん中がキタד (小4)末っ子がとうとうキタא (小1)にあがりました。
これで幼稚園に送り迎えすることがなくなり、子供が成長してうれしいような、ちょっと年取ったような複雑な気持ちの新年度でございます。

末っ子は9月の末生まれなのでまだ6歳になっていません。
イスラエルは12月生まれで学年わけをしますので、新年度が始まるときに9月から12月生まれの子供はまだ6歳にならない子供がいます。
でもイスラエルではきっちり生まれた日付で学年わけをするのではなく、子供の成長度(精神的、肉体的)により親や保育園の先生、専門家で相談して、まだ幼いと感じる子供は幼稚園に残ったりすることができる柔軟性があります。

ですので末っ子だし、新1年生の中で一番小さいほうだし、もう一年幼稚園に残しましょうか、という話も主人としたのですが、この1年で著しい成長が見られたので、結局適正検査のようなものを経て1年生にあがったほうが良いということになりました。

授業1日目の末っ子の感想を聞くと
”うれしくてうれしくて夢の中で教室にいるような気分だった。”
とのことでした。




ぇえ?



もう夢見てる、、、、の???





私は授業中、夢を見すぎてしまう子だったのでちょっと心配になりまして、
”しっかり先生のお話を聞いて、勉強がんばってね。”
と言いました。

野外での入学式。とてもカジュアル↓

alefjp.jpg


そして1週間後はユダヤ新年でございます。

שנה טובה
12歳
昨日は長女と長男の誕生日でした。
今年は長女がバットミツバを迎えるので、お友達を呼んでパーティーをしたいと言いました。一年生(7歳)でしたきり、友達を呼んでのパーティーはしていなかったのでOKしましたが、もう12歳なんだから自分でパーティーを計画しなさい、と言う事になりました。

長女がパーティーの準備をし始めたので長男がうらやましそうにしていました。
それで長男にもパーティーをしたら、ということになりました。

パーティーは長男が水曜日の夜、長女が土曜のシャバット明けからということになりました。
子供に任せたら、、、学校がハヌカ休みなのでパジャマパーティーを計画しました。ぇえ??

水曜日には長男のクラスの男子のほぼ全員が泊まりでお祝いにやって来てくれました。
ハヌカなのでキャンドルの点灯とお祈りをしてから始めました。ハヌカのキャンドルは窓際に置きます。ハヌカの夕方ユダヤ人地区に行くと窓からキャンドルの灯火が映りとても綺麗です。

200blog3.jpg



男の子たちはWiiのトーナメントや卓球のトーナメントをしましたが、全然疲れた様子がなく、深夜2時過ぎまでドタバタどたばたと、、、。
子供たちが皆寝付くまでは私も寝てられないのでちょっと疲れましたが、皆素直でかわいいので、たまにはよしとしましょう。


そして長女の誕生日会はまずシャバットの『戦争開始』のうわさから始まりました。
我が家はシャバットは電話も出たりテレビを見ないのですが、まずシャバットは一日中電話ががんがん鳴り響きました。
午後になると散歩から帰ってきた長女がどこからか戦争が始まるかもしれないといううわさを聞いてきました。
『それでマヤちゃん(仮名:長女の親友)のうちは誕生会があってもお母さんが外出させないって言ってたの。』と言いました。
シャバットがあけてすぐニュースを見るとイスラエル軍がガザに報復攻撃に出たということでした。電話をかけてきた学校の友達のお父さんに電話をすると、やはりそのことでちょっと情勢が緊迫しているとのことでした。


『とりあえず遠いけど、急にこちらに飛び火するかもしれないから中止にしましょうか、それともお泊りはやめにしましょうか』
と話しているとマヤちゃんから電話があり、お母さんにとりあえず北は大丈夫だという連絡が入ったのでパーティーに来られるとのことでした。そして予定通りパーティーを始めることになりました。

『長女のパーティーは何をするのかしらねぇ。』
と主人に言うと
『女の子はおしゃべりだけさせておけば満足するから何もイラナイんじゃないー。』
と言いました。どぉ言う意味??

長女は近所に住む年下のお友達にはテーブルでいろいろ作るコーナーを、クラスのお友達にはジャグジーと映画を用意していました。

年下のお友達↓
2008blog2.jpg



同級生のジャグジーに入る姿はセクシーすぎて載せられません。ですので洋服姿を一枚。↓
2008blog1.jpg

女の子の12歳は男の子より体つきが大人っぽくて、プレゼントも香水やらボディークリームやら頂いたりして、長女の成長を感じました。
主人が言ったとおり、女の子はおしゃべりに花が咲き私は朝方まで眠れませんでした。

無事に終わったパジャマパーティーですが、中にはその日、お父さんが軍に招集されてガザ方面に向かった子もいたりしてイスラエルの情勢はなかなか複雑でございます。




子供達の一泊旅行
昨日から小5(キタה)の長男と長女は学校の一泊旅行に出かけていて留守でございます。
主人も留守なので私と次女次男の3人きりです。

子供の旅行というと主人の年の離れた一番下の弟が子ども会のキャンプに行ったときのことが思い出されます。

あれは私たちが結婚してまもなくの事でした。義弟は多分13歳くらいだったと思います。
私と主人が義母のうちに遊びに行くと義弟が恥ずかしそうにやってきて
”キャンプがあるのでテントを貸して。”
と言うのです。義弟達に貸すと何でも汚れて返ってきたり、時には返さないこともあるから主人は
”貸さない。”
と言いました。そこで義母が入って
”いいじゃない貸してあげても、”
と言い私も
”買ったけどぜんぜん使わないのだから貸してあげたらいいじゃない”
とか余計な口出しをして結局元通りにして返すこと!という条件で貸してあげることになったのでございます。

義弟は涙を流して喜び何度もトダー(ありがとう)を繰り返しました。
私はテントひとつで涙を流して喜ぶ義弟を見て、なんて純粋な子なの、、、と思いもらい泣きしてしまいました。

キャンプの日主人が
”そうだ、サプライズしようか。弟に内緒でキャンプ場に行ってみようか。”
と言いました。
”おもしろそうね♪”



私と主人はガリラや湖畔の弟がキャンプしているビーチにたどり着きました。
ビーチに行くと義弟の友人達がいてあのテントと指差しました。
主人と私は義弟にばれないようにそ~っとテントに近づいていって中を覗くと







ガ~ン






義弟が女の子と寝ていました


そりゃあ、涙を流して喜ぶ、、、、わ、、、。ぁ??


今回の学校の一泊旅行はテントでなくて山小屋みたいなところで寝るそうですが、最近長男に彼女ができたそうで、なぜかこの事件が思い出されました。
prim 2008
我が家では次女は花のお姫様↓
2008prim2noahme.jpg


次男は幽霊↓
2008ron.jpg


長女はフラメンコダンサー↓
2008prim2annamask.jpg


長男は既製のコスチュームは入賞しにくいから、、、とがんばって作りました。

ארטיק לימון


2008prim2roy.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。