イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

02 ≪│2008/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

prim 2008
我が家では次女は花のお姫様↓
2008prim2noahme.jpg


次男は幽霊↓
2008ron.jpg


長女はフラメンコダンサー↓
2008prim2annamask.jpg


長男は既製のコスチュームは入賞しにくいから、、、とがんばって作りました。

ארטיק לימון


2008prim2roy.jpg


スポンサーサイト
プリム/2008年の流行
今年のプリムは真夏のような暑さになりました。
この頃のお天気は変わりやすく寒くなるか暑くなるかはお天気の予想がつかずコスチューム選びに困ります。今年も寒くなるかしら、と思いましたが今年は予想外の暑さに
”いつもは寒いのに、、、、。”
とぼやいていると長男が
”プリムはいつもהפוך(ひっくり返った、逆の)だからね。”
と言いました。
そう、予想外なことが起こるのがプリムでございました、、、。

さて、今年も幼稚園と学校を回りました。今年はアニメのこれというキャラクターはありませんでしたが、人気テレビ番組הישרדותの仮装を見かけました。

הישרדות




イスラエル人の選びぬかれた男女がいろいろな課題をこなしてサバイブする、という番組で、衣装と言ってもバンダナとぼさぼさ頭、汚く顔をぬって半ズボンになればOKでございます。

幼稚園はお姫様系、小学校↓は魔女や悪魔系が女の子に人気でした。

2008prim2 satan




エステル記を読む
今年もプリムの季節がやってきました。
プリム(←クリック)というのは以前書きましたがエステル記に出てくるお祭りのことでございます。

今年は21日と22日にあたります。前日はエステル記に書いてあるように信仰深いひとたちは断食をします。そして断食のあとシナゴーグに行ってエステル記を読みます。
エステル記の中にハマン(ユダヤ人全滅を企てた人間)と言う名が何度も出てきますがその名前が出ると皆足をばたばたさせたり、手で机をたたいたり、ラアシャンというガラガラを鳴らしたりします。私は読むのが遅いので雑音が入るとすぐ読んでいる部分がわからなくなってしまい追っていくのが大変なのですが、外では爆竹を鳴らす子供までいたりして、子供たちにはこれも楽しみの一つだと思います。


ラアシャンרעשן↓

raashan.jpg


今年は週末にあたったので仮装の日は学校によってまちまちのようです。
我が家の子供が通う学校は明日が仮装パレードの日に決まりましたので、明日は祝日ですが出かけます。日曜日が振り替え休日で明日学校に出た分は建国記念日に連休になるそうです。

明日は仮装パレードの後お昼にバルミツバのパーティーもあるので主人が海外に行っていて留守の私は忙しく駆け回ることになりそうです。

オズネイ ハマンאזני המן↓ハマンの耳と呼ばれるプリムに食べられるお菓子でございます。

ozneihaman.jpg



חג פורים שמח


あのぉ、報道されてますでしょうか、、、
北のキリヤットシュモナがヒズボラからカチューシャロケット弾の攻撃を受け続けたように、イスラエルの南スデロットという町ではもうずっと長い間ガザからカッサムロケット弾の攻撃を受けています。

スデロット↓



イスラエル側ではガザへの電気の供給を止めたり検問の強化などしてきましたが、被害はスデロットだけでなくアシュケロンのほうまで及ぶようになっていました。
イスラエルの中では
”もうたくさんだ!”
という声やそれでもまだ
”暴力に暴力で返してはいけない。”
というさまざまな意見がございます。
しかしとうとうイスラエル国防軍によるテロリスト掃討作戦にふみきることになりました。



先週末主人の弟は子供を我が家に預けて奥さんと二人で死海のホテルで二人きりで久しぶりの休暇に行くことになっていました。
ところが週末になっても甥っ子がやって来ないので主人に聞くと
”弟は軍に呼ばれてガザに行くことになったので奥さんは子供たちを連れて実家に行っているそうだ。”
と言いました。義弟は楽しみにしていた休暇をキャンセルし、イスラエル国防軍のテロリスト掃討作戦に行くことになってしまいました。

掃討作戦ではイスラエル兵士が2名、パレスチナ側は一般人も含め100人以上の死者がでたとのことでした。
さて、イスラエル国防軍の掃討作戦が始まると日本からたくさんの無事を確認する連絡が入りました。
※これまでのスデロットやアシュケロンでの被害は伝わっていないのに、国防軍が動くとニュースになったのだと思います。いつものことながら報道の偏りを感じずにはおれません。

今週はじめイスラエル国防軍の地上部隊が引き上げることになりました。ハマスからは勝利宣言が出されました。
※第二次レバノン戦争で停戦になるとヒズボラが勝利宣言を出したのを思い出します。

この掃討作戦に対し、東エルサレムや西岸各地(ヘブロン、ベツレヘム、ラマッラ)でパレスチナ人による大規模な抗議集会が行われました。東エルサレムではユダヤ人が運転する車が襲撃されるショッキングな映像が流れました。
イスラエル側では引き上げ後もロケット攻撃は止まず毎日被害が出ています。

3月6日木曜日のニュース(←クリック)




あら!!

たった今もエルサレムのイェシバ(ユダヤ教の学問を勉強する学校)にパレスチナ人が侵入、乱射し少なくとも6人が死亡するというニュースが入りました。

こういうニュースは日本で報道されるのかしら?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。