イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お米の値上がり
は~、やっとぺサハが終わりました。
子供達は16日間もお休みがあったのでその間ウォーキングもほとんどできず、、、、
”ぺサハって食べるものがないわよねぇ。”
などと言いつつ、なんだかんだ招いたり招かれたりで食べまくっておりましたら←でもど~してどこもBBQばかりなのでしょうか、、、。
2kg太っていました!!がくっ

ぺサハは麦類を発酵させた食べ物を食べないだけでなく、アシュケナジー(一般に東欧やドイツ系ユダヤ人)とモロッコ系ユダヤ人はお米とうもろこし、フムスなどの豆類も食べません。(ナッツ類を食べない人も。)
こちらは宗教的なきまりというよりは、昔米や小麦を入れる布袋が同じだったので混入を避けるため、ぺサハに適正であることをより確実にするためにできた風習だそうでございます。

うちの主人の家族はぺサハにお米を食べないのですが←日本人の私にはコレかなり辛い主人が私と結婚したときにこのしきたりを破って、我が家ではお米や豆類も食べていいことにしてくれたので、ぺサハの食生活がぐ~んと楽になりました。
(主人の両親の家に同居してぺサハを過ごしたときはご飯が食べたくて食べたくて胃に穴が開くかと思うほどストレスがたまりました。)

米   米   米   米   米   米   米   米   米   米   米   米


そんな食べ物界の救世主(←私にとってだけ?)が値上がりするのでございます。

米   米   米   米   米   米   米   米   米   米   米   米

   
食べ物の値上がりはイスラエルでは別に珍しいことではございませんが、(インフレ率が高いですから)いきなり70%の値上がりってどう思います?(週末の新聞では30%の値上がりと書いてあったような気がしましたが。)

今日スーパーマーケットに行ってお米を買いだめしようとしましたら、いつも買う5kg入りと10kg入りのお米は朝のうちに完売だそうで、仕方なく割高ですが1kg入りのを12個ほど。
今日まで6、5シェケルだそうですが明日から10シェケルだそうです。約55%の値上がり

育ち盛りの子供が4人もいる我が家はどうしたらいいのでしょうか。
ラジオで
”米が高くなったならジャガイモ食べればいいんだよ~。半値だぞ。”
なんて冗談交じりで言っていましたが、イスラエルに住んでいるのにパンよりご飯派の子供に育ててしまったことを一瞬後悔いたしました。

Keikoさん情報によると、中国による買占めだとか、、、。
新聞では中国と名指しにしていませんでしたけどこの前の鉄の値上がりが中国の買占めだったことを考えると、本当に中国の仕業なのでしょうか!?
数日前は中国が人口雨を降らせる実験に成功、、、という怪しい記事を読みましたが、だとしたら、、、

中国怖いっ。

それだけ経済力もあるということですし、技術力もついてきたし、どんどんエスカレートしていく中国の暴君ぶり滅茶苦茶さに恐怖を感じました。

うちで買っている新聞情報によると、今までお米を作って輸出していた国が自国民のために米をとっておくようになり米の輸出を規制したと、フィリピンの米の倉庫の様子の写真が載っていましたが、それならそれでいいですね。輸出をしたばかりに作っている国で食べられない人がでてしまうのでは不公平ですから。

今回のお米の値上げ騒動および食べ物全般の値上げは我が家の家計に大打撃を与えそうですがそんな話を食事中にしたら子供から
”うちの庭でお米を育てればいいんじゃない。”
というのん気な答えが返ってきました。 ←確かにうちの庭は食べ物の木ばかりですけど。


水をたくさん必要とする米の栽培はイスラエルの気候には向いておらず全部輸入に頼っているそうですが、需要は近年毎年20%づつ増えていて、その内訳は玄米スシ用のお米だそうでございます。(新聞による)



スポンサーサイト
ぺサハ(過ぎ越し祭)
先週主人がお土産たくさんかかえて長い留守(3週間以上)から帰ってきました。
お正月実家にあったWiiがどうしてもほしくて子供へのお土産はWiiがいいんじゃないかしら、と夫に言ったのですがあっさりダメだといわれてしまいました。がくっ




ところが帰ってきたらちゃんとスーツケースの中に!!
もちろん子供へのお土産だよ!と言われましたが、パソコンも家事もそっちのけで夜中子供が寝静まるとこっそりとWiiに走り、ぺサハの掃除がはかどらなくて困っておりました。

でも猛ダッシュでなんとか掃除を終え今日食器をぺサハ用に総入れ替えすることができました。ほっ
今晩はシャバットで明日のシャバット明けの晩ぺサハのセデルが始まります。
ぺサハについては以前に書いたのですが、出エジプト記由来のお祭りでございます。
ぺサハの晩餐について(クリック)
ぺサハのお掃除について(クリック)

そんなわけでシャバットもぺサハも差し迫りちょっとせかせかしていますが合間にPCを開いてみてみました。

皆様よい祝日をお迎えください。

חג פסח שמח וכשר
子供達の一泊旅行
昨日から小5(キタה)の長男と長女は学校の一泊旅行に出かけていて留守でございます。
主人も留守なので私と次女次男の3人きりです。

子供の旅行というと主人の年の離れた一番下の弟が子ども会のキャンプに行ったときのことが思い出されます。

あれは私たちが結婚してまもなくの事でした。義弟は多分13歳くらいだったと思います。
私と主人が義母のうちに遊びに行くと義弟が恥ずかしそうにやってきて
”キャンプがあるのでテントを貸して。”
と言うのです。義弟達に貸すと何でも汚れて返ってきたり、時には返さないこともあるから主人は
”貸さない。”
と言いました。そこで義母が入って
”いいじゃない貸してあげても、”
と言い私も
”買ったけどぜんぜん使わないのだから貸してあげたらいいじゃない”
とか余計な口出しをして結局元通りにして返すこと!という条件で貸してあげることになったのでございます。

義弟は涙を流して喜び何度もトダー(ありがとう)を繰り返しました。
私はテントひとつで涙を流して喜ぶ義弟を見て、なんて純粋な子なの、、、と思いもらい泣きしてしまいました。

キャンプの日主人が
”そうだ、サプライズしようか。弟に内緒でキャンプ場に行ってみようか。”
と言いました。
”おもしろそうね♪”



私と主人はガリラや湖畔の弟がキャンプしているビーチにたどり着きました。
ビーチに行くと義弟の友人達がいてあのテントと指差しました。
主人と私は義弟にばれないようにそ~っとテントに近づいていって中を覗くと







ガ~ン






義弟が女の子と寝ていました


そりゃあ、涙を流して喜ぶ、、、、わ、、、。ぁ??


今回の学校の一泊旅行はテントでなくて山小屋みたいなところで寝るそうですが、最近長男に彼女ができたそうで、なぜかこの事件が思い出されました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。