イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

02 ≪│2010/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデルが変わる時
ショコリットはイスラエルの子供に人気の飲み物(ココア!)でございます。

新聞の記事を読んでいなければ気がつかなかったかもしれません。モデルが変わったこと。


shokolitsmall.jpg

左が新しくなったほうでございます。今までのイメージをキープしてますね。

右の写真のモデルさんが、撮影当時どのくらい写真が使われるのかなど考えずに低賃金でモデルになったのだそうですがもう写真を使わないでと訴えたのが受け入れられました。


日本の肝油ドロップのモデルさんが数年前に交代したという記事を読んで、ココアのモデルさんの記事をふと思い出した私です。



スポンサーサイト
プリムとお葬式
先週の日曜日は学校はお休みでしたが、村のプリムの仮装コンテストがありました。

次女は妖精。
yousei.jpg

長女は悪魔。
DSC04630akuma.jpg

次男は携帯電話。
DSC04625keitai.jpg

長男は車。


ここ数年、プリムの時期になると勉強はそっちのけで、仮装用の衣装作りに気合が入る長男ですが、今年もコンテストで優勝したそうでございます。このくらい勉強にも気合を入れてくれるといいのですけれど、、、、。




DSC04638kuruma.jpg





私と主人は、仮装コンテストに子供達を送るとすぐ、主人のおじいさんが入院している病院に向かいました。
木曜日の朝、具合が悪そうだったので、叔父さんが迎えに来ておじいさんを病院に連れて行きました。

私たちはいつものようにすぐうちに帰ってくるものだと思っていたのですが、その数日後、お見舞いに行ったプリムの翌日の月曜日の朝、帰らぬ人となってしまいました。

昨年の夏うちの敷地に引っ越してきて以来、介護のネパール人さんとおじいさんは家族同様でしたので、私たちの悲しみはとても深いものでした。

ユダヤ人が亡くなると、その子(又は親)と兄弟は喪に服します。
お葬式が終わると子(又は親)と兄弟は故人の家に行き、服を切り裂き、1週間ほど故人の家に滞在します。
そのとき喪に服す者は、料理や掃除、入浴をせず、椅子にも座らず、マットをしいて床に座り、ベッドに寝ずに床にマットを敷いて寝ます。
そして1週間慰問に訪れる人がたくさん来ます。



、、、、ですので、親類や友人が料理や掃除、慰問に来た人へのお茶だしをするのですが、この1週間、交代の人がやって来るまで午前中は私とネパール人さんで切り盛りする毎日でした。午前中は訪問者が少ないとは言え、毎日100人近くの人が出入りしていたと思います。

シャバットは喪中の叔父さん叔母さん、お義母さんの子供や孫まで泊まりに来て、シャバットディナーは80人近くいたのではないでしょうか。おじいさんのうちは喪中、でも我が家は子供のパーティー??みたいににぎやかになり、悲しみは忙しさの中に薄れていったのでございました。


ユダヤ人の信仰、家族、イスラエルの介護問題などなどいろいろ考えさせられた1週間でございました。

ネパール人さんは新しい仕事場へ、そして7日目もう一度お墓に行っておじいさんの兄弟と子供達はそれぞれが自分の家へと帰っていきました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。