イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に行きます
今月の末、日本に行くことになりました。
行ってすぐユダヤの祝日(Shimchat Toraとシャバット)が続きますので、数日間東京のユダヤコミュニティーの近くに滞在します。

それから実家に向かって、10月13日から20日にタイに行って日本に戻って27日くらいにこちらに戻ります。

ということで、、、

日本のお友達の皆様、ファミリー、またまたお騒がせするかもしれませんがよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
新年度の始まり始まり~
イスラエルは9月に新年度が始まります。
上の双子はキタח (日本でいう中2)真ん中がキタד (小4)末っ子がとうとうキタא (小1)にあがりました。
これで幼稚園に送り迎えすることがなくなり、子供が成長してうれしいような、ちょっと年取ったような複雑な気持ちの新年度でございます。

末っ子は9月の末生まれなのでまだ6歳になっていません。
イスラエルは12月生まれで学年わけをしますので、新年度が始まるときに9月から12月生まれの子供はまだ6歳にならない子供がいます。
でもイスラエルではきっちり生まれた日付で学年わけをするのではなく、子供の成長度(精神的、肉体的)により親や保育園の先生、専門家で相談して、まだ幼いと感じる子供は幼稚園に残ったりすることができる柔軟性があります。

ですので末っ子だし、新1年生の中で一番小さいほうだし、もう一年幼稚園に残しましょうか、という話も主人としたのですが、この1年で著しい成長が見られたので、結局適正検査のようなものを経て1年生にあがったほうが良いということになりました。

授業1日目の末っ子の感想を聞くと
”うれしくてうれしくて夢の中で教室にいるような気分だった。”
とのことでした。




ぇえ?



もう夢見てる、、、、の???





私は授業中、夢を見すぎてしまう子だったのでちょっと心配になりまして、
”しっかり先生のお話を聞いて、勉強がんばってね。”
と言いました。

野外での入学式。とてもカジュアル↓

alefjp.jpg


そして1週間後はユダヤ新年でございます。

שנה טובה

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。