イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

03 ≪│2011/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分はジェットコースター
2月の下旬に日本行きのチケット(6月21日テルアビブ発)を購入しました♪          アゲ~


私、長男、長女の3人分です


買ってすぐガソリンが値上がり、チケット代も値上がりすると聞きました。
良かった♪値上がり前に買えたわ。らっきー  アゲ~


喜んでいたのもつかの間、3月11日、日本の震災のニュースを聞き悲しみに打ち拉がれる。     サゲ~  



ぇえ?原発の事故ぉ?  サゲ~  サゲ~





あ、でもすべては政府と東電のコントロール下。レベル4。たいしたことないんですって。(日本のニュースより)  アゲ~


おい、日本のニュースに騙されるな、世界の報道(日本以外)がチェルノブイリ以上になるって言ってるぜ。>byきこりこ夫    サゲ~



水素爆発  サゲ~  サゲ~  サゲ~



きこりこ夫、ストーカーのように日本の親族に電話しまくり、危ないから日本を脱出するように説得。



日本の家族、ほぼ強制的にパスポートの申請、準備が整いだす。                 少し、、、アゲ~




近所のウクライナ系ロシア人に会う。





”実家がフクシマから200kmにあるの~??私、チェルノブイリから200km離れたキエフに住んでいたんだけどね(実際にはキエフ-チェルノブイリ間は130km)、チェルノブイリはもちろん人が住めないけど200km離れたキエフでも障害を持った子供がたくさん生まれるし、癌になる人が多いのよ。正直私もどんな子供が生まれてくるのか生まれてくるまで不安で不安で、、、。” 
  サゲ~  サゲ~  サゲ~



ねえ、日本行きのチケットキャンセルした方がいいんじゃない?(きこりこ)


電話したけど、キャンセルできないって言ってたよ ガ~ン サゲ~




でもまだ時間があるから、大丈夫じゃない?(きこりこ夫)
 アゲ~








震災からしばらくたった3月27日、夫の従妹の結婚式。
会う人会う人津波は、地震はと、日本の家族は、と聞いてくる。放射性物質の話をすると、皆口を揃えて、どうしてイスラエルに逃げてこないのかと言う。           はい~??




戦争の時日本の友人や家族に、日本にいらっしゃいよ、と言われたがそういうとき時こそ家や国を離れたくない気持ちを伝える。



”え~???ロケット弾と放射性物質は違うでしょーー。”
”子供が病気になってもいいのか、日本人はわからん。”
”冷静を通り越して、無関心すぎる。”
”タラタラ、、、”

  サゲ~  サゲ~  サゲ~




不安不安不安不安不安不安不安不安



4月に入り、旅館にフランスから来たユダヤ人カップルが泊まりに来る。



”君の家族は大丈夫?”


”地震は大丈夫でしたけど、原発から200kmなので、、、。”


”すぐに逃げるように言った方がいいよ。”

”でも日本の政府が大丈夫だって言ってるので、結局留まっているんです。”

”東京とかその周辺の人口は?”


”東京だけで1300万人くらいだったと思います。”

”あ~、じゃ全部非難させるのは大変だからね。もちろん政府は大丈夫って言うでしょ。でも信じない方がいいよ、政府の言うことなんて、、、、。”



不安不安不安不安不安不安不安不安



先週末旅館にハンガリーで勉強しているお医者さん、物理学者のグループやってくる。
また放射性物質の話題に、、、。



”ヨードなんたらカンたらは甲状腺に溜まって病気を引き起こすんだ。海に汚染水が流れているようだけど、そのうちフクシマの近くの海には甲状腺が腫れた潜水艦のような魚がうようよ泳ぐようになるぞ。
きこりこ、僕は君と君の子供たちのためを思って、医師として言う。
今回の日本行きはあきらめなさい。これから先も近づくな。家族に会いたかったら、イスラエルに来てもらうかタイとかヨーロッパとか間で会えばいいじゃないか。。。。。”




不安不安不安不安不安不安不安不安





チケットがキャンセルできないのなら私だけ行きましょうか。



じゃ、大阪から入って家族が大阪に遊びに来るってのはどうだ。親族皆で旅館に泊まるの、悪くないんじゃない。(きこりこ夫)




関西に滞在することを考え、京都、大阪、神戸について調べ始める。
 アゲ~



2日後のこと。
夫が慌てて帰ってくる。



”さっきさ、ボリスに会ったんだけどさ、きこりこに日本に近づくなって言っておいて言ってたよ。
あいつチェルノブイリから150kmのところに住んでいたんだけど、事故のときちょうど軍隊に入ってそこを離れてたんだけど、最近昔の友人や親戚を訪ねたら皆病気に苦しんでるんだって。
放射性物質は10年後とか20年後とかに病気になるから厄介だと言ってたよ。
やっぱりキャンセルだ。キャンセル。”



そう言ってすぐに電話をとり旅行会社に電話し、放射線がなんたらかんたらと説明すると、3%のキャンセル料がかかるけどやっぱりキャンセルできるという話に。試してみるものです。イスラエルって担当者によってできないことができたりするのでございます。



あ~、なんだかすっきり。 アゲ~







4月12日。


原発事故のレベルが7に引き上げられる。



わかっていたこととは言え。。。



  サゲ~  サゲ~  サゲ~
  サゲ~  サゲ~  サゲ~












            



































       


                                        




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。