イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

11 ≪│2011/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年2012年
西暦というのは非ユダヤ人の暦で、ユダヤ教には全く関係ない大晦日(シルベスター)でありますが、最近は世俗派の間でパーティーをする人が増えてきたようです。
長女もクラスの男の子主催のパーティーに誘われたそうですが、
”私、ユダヤ人なので。”
とお断り申し上げたそうでございます。(ユダヤ人云々というよりただ単に行きたくないだけだったようですが)

ユダヤ教徒になって、イスラエルに住み始めて長くなった私は、クリスマスがなくて寂しい、、、、と思うことはさすがになくなりましたが(クリスチャン地域に行くと多少見られますが)、なぜか年越し蕎麦だけは毎年食べております。(お蕎麦が手に入らないときはうどん)

安息日が明けてから、お蕎麦を茹でまして、とりあえず年越し蕎麦ができあがりました。

2011-11-12 soba

コシェルのお蕎麦も出汁用の昆布、干し椎茸、お醤油にみりん、必要なものは皆イスラエルで手に入るようになりました。
もち米も手に入ったので明日はお餅も作ろうと思います。

日本はもう2012年、イスラエルもあと2時間弱で年が明けます。

日本の皆様、明けましておめでとうございます。
日本の皆様の幸せとご発展をイスラエルの空の下よりお祈り申し上げます。

スポンサーサイト
ファラフェル
ファラフェルは代表的な中東のファストフードでございます。
イスラエルではひよこ豆(チックピー、ガルバンゾー、エジプト豆とかいろいろ呼び方があるようですが)を砕いて香辛料と混ぜ、油で揚げたものをサラダと一緒にピタにはさんで食べるのが一般的です。

そんなファラフェルを昨日作りました。
他にフライドポテト、イスラエリサラダ、フムスをテーブルに並べてみました。
子供たちは大喜びで食べると

”お母さん、今日のファラフェル、とってもおいしいよ。
その辺のお店のファラフェルはお母さんのファラフェルにかなわないね。”



と皆大絶賛でございました。








それで、










”これインスタントなの。”




と言えなくなってしまいました。




さて、それは昨日のお話ですが、”お水で混ぜて揚げるだけ!”のインスタントでない、ちゃんとヒヨコ豆から作るレシピがあるのでご紹介いたします。

香辛料やハーブなどの分量や種類を替えると、それぞれの家庭の味が出ると思います。

材料(20~25個分)

乾燥ヒヨコ豆           2カップ
パン粉            大匙 2
玉ねぎ            1/2個
にんにく           4片
重曹             小匙 2
パセリのみじん切り      1/4カップ
コリアンダーのみじん切り   1/2カップ
胡麻             大匙 1
クミンパウダー、パプリカ、塩少々(大体小匙1弱)
揚げ油

作り方
1.12時間水に浸したヒヨコ豆をざるにあげ水をよく切る。
2.フードプロセッサーにヒヨコ豆、玉ねぎ、にんにくを入れ粒が小さくなるように切る。
3.2の材料と重曹以外の残りの材料をボールに入れてよく混ぜ、1時間ほどおきます。
4.3に重曹を加えてもう一度よく混ぜたらよく熱した油に丸めて落とし揚げます。

*もし生地が固すぎたら水やパン粉を少し加えて調整します。
揚げる前に生地を味見して足りない香辛料を入れてみてもいいと思います。

出来上がったらサラダとピタパンにはさんで食べるのが おいし~い♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。