イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地中海クルーズ・無事終了と思ったが、、、
最終日夜

イエメンのフォークダンスを踊るお客さんたち↓

Magic1folk.jpg


最後にスタッフの人たちから挨拶とダンスショーがございました。

Magicafrican.jpg


ベリーダンス↓

Magicbelly.jpg


もう一枚いかがですか↓

Magic1belly2.jpg



その晩私達はショーを見ながら
”また来たいわね~。”
と話しました。

叔母さんは
”最後まで本当に良い旅だったわねぇ、、、。”
としみじみと言いました。
私は叔母さんのその言葉に
”遠足は家に帰るまでが遠足なんだぞ。”
と、イスラエルの先生は教えないのかしら?となんとなく胸に不安を抱いたのですが、すぐに忘れてしまいました。
あまりに楽しくてきっと私達3人は油断だらけだったのだと思います。

翌日は5時起床の予定だったので私と主人は12時を過ぎると部屋に戻りました。叔母さんもめずらしく30分くらいすると下りてきて、すぐ皆床につきました。

朝、4時半頃だったと思います。
主人が
”部屋のドアが開いている。人が入ってきた気配がした。”
と言って飛び起きました。


周りを見回すと叔母さんは
”私のバッグがない。確かにあのドレッサーの前に置いておいたのに。”
と言いました。
主人と叔母さんはすぐにフロントに駆けつけましたが、もう盗まれたバッグは戻ってきませんでした。

チェックアウトをするときに大騒ぎをしている私達を見て、他にも財布をなくしたという人が現れました。
もう一組の親子は、夜中部屋が開き、アジア系の風貌の男性が入り口に立っていたのを見たそうです。
”何をしているの?”
と聞いたら、
”トイレに行きたかったので、ルーム係に開けてもらった。”
とちんぷんかんぷんな言い訳をしたそうです。その親子はそれから怖くて眠れなかったとか、、、。

油断をしている最終日の朝方を狙ったことや、セキュリティーカメラの死角を知っていることから、船のスタッフの中にプロがいると私はみました。(船のスタッフはほとんど外国人で身元がわかりにくい。)

2重ロックがありながら、2重ロックしていなかった私達にも落ち度がございましたが、この件で楽しい楽しい旅行が台無しになってしまいました。

帰りはまた、旅行会社に電話をして、保険会社に電話をして、警察に寄って、、、、もらった証明を持って運転免許証の再発行の申請に寄って、、、と家までなが~い、なが~い、すったもんだ&どたばたの旅になってしまったのでした。






教訓:

家に帰るまでが遠足



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
          
う~~ん。せっかくの楽しい旅行が残念なことになってしまいましたね(汗) ウチもね、以前ママとスイスのホテルで、ママが大切にしていた貴金属を食事の間に盗まれたことがありました。結婚当時からの大切なカメオのブローチだったのですが、それ以後、旅行には自分のお気に入りのアクセサリーは持っていかないことにしました。。。気持ちが悪いですよねぇ。ホント。なんかあのときの気持ちがよみがえってきました。私たちの時も、どーみてもホテルのメイドなんですが、証拠がないじゃないですか?まぁ、スーツケースに入れて鍵をかけておかなかった私たちも悪いのですが、、、でも寝ている時にってのは気持ち悪いですね。でも身の安全が何よりです。。。ホント。
【2006/06/12 17:25】 URL | KEIKO. #- [ 編集]

身の安全
バックだけで良かったと思うようにしましょうよ、とは言ったものの、叔母さんはかなり落ち込んでいました。
先週主人は弟とまたクルーズの旅に出かけたのですが、なんとなく人が入ってくるような気がして、飛び起きてしまった、と言っていました。
【2006/06/12 23:26】 URL | きこりこ #- [ 編集]


ががーん!楽しいはずだった旅が、一転してこんなことになってしまったのですね~。でも、こんなことがあっても淡々と再発行の手続きを済ませ、日記の最後にオチまでつけてしまうきこりこさんって、素敵!
【2006/06/12 23:39】 URL | はらりん #- [ 編集]

オチ、、、、
なんでしょうか。自分に再確認させるせるつもりで書いております。(笑)
もう笑うしかないって、、、、。
【2006/06/13 09:56】 URL | きこりこ #- [ 編集]

さすが~!
「おち」にしてしまって、笑い飛ばしてしまうところが
「かかあでんか」で知られる地出身の、見かけは絶対にか弱い大和なでしこにしか見えないきこりこさんの底知れない逞しさ!
改めて敬服。
でも、おちにしてしまう前にしっかりと(でも、優雅に)大騒ぎしたんでしょうね~。まあ、命に別状無かったのだから笑い飛ばしてしまうしかないですね。

【2006/06/14 10:32】 URL | ひげおやじ #- [ 編集]

ほんと
怪我がなくてよかったですよ!
知り合いで、やはり寝ている間に 枕もとの箪笥からいろいろ取られてしまった人がいて。気味悪いって言ってました。
おおー。ちょっと高めの授業料ですけど、なにより、命あってのものだねです!
教訓、大事ですねー☆ 
【2006/06/14 18:58】 URL | みっちゃん #- [ 編集]

まァ たいへん!
せっかくの楽しいクルーズがとんだことになってしまいましたね。 伯母様お気の毒! お二人の水入らずの旅に割り込んだバチ? な~ン手行ったらあんまり悪いか? 私も旅行の時はいいものを持たない事にしております。。(もともといいものなんか持っていませんけど)  前に主人が買ってくれたイヤリングを片っぽなくしてしまって、主人にナイショでイスラエルのそのお店で作ってもらったのですが、意外に高くてビックリ、結局主人にバレてしまいました。 それから、主人と息子がどこかへ旅行した時、一階の部屋だったのに、窓の鍵をかけずに出かけてカメラと望遠鏡を盗まれてしまいました。 でもその時は保険がかけてあったので、最初のよりいいのを買えてホクホクしておりました。 カメラはいいけど中のフィルムが惜しかったようです。 せっかくの楽しい旅がその事一つで、すっかり台無しになってしまいますね。 ハヴァル!っていうんでしょう?
【2006/06/14 19:08】 URL | tenko-chan #ebRvwIR. [ 編集]

ひげおやじ様
大騒ぎ、、、、しましたよん。
大騒ぎしないと聞いてくれませんから、、、、。それでも船のスタッフに問題はないと言い切られ、、、。
当たり前ですけどね。そうでなくても謝らない国の人がこれからシーズンって言う時に、
”うちのスタッフです。”
”前にもこんなことがありました。”
”すみません。”
なんて言うはずがないですからね。
そう、でもこれくらいで終わって良かったと、、、、思うしかないですね。
【2006/06/15 08:44】 URL | きこりこ #- [ 編集]

みっちゃん様
例えばタイの夜行バスとかなら寝てる間でも気をつけていたと思うのですが、イスラエルの、、、しかも田舎に住んでいるものだから、、、、お客さんはほぼ全員イスラエル人だし、、、、ものすご~く気が緩んでいたのだと思います。
本当にとてもよい勉強になりました。
でも懲りずにお金が貯まったらまたクルーズの旅をしたいと思っております、、、。
観光あまりしてないし、、、、。
【2006/06/15 08:50】 URL | きこりこ #- [ 編集]

tenko-chan様
一緒に寝泊りしたせいか、叔母様の心の痛みは私達の心の痛みになりました。
二人きりの旅ではなくなってしまったけど、本当はやさしくていい叔母さんなのでロ・マギア・ラという感じです。
それにしてもご主人どうしてわかったのかしら。

【2006/06/15 08:58】 URL | きこりこ #- [ 編集]


サワディ~カ~
旅は・・ってか、いつでもそうですけど、何が起こるかわからない。ラッキーの積み重ねで生きれてるってとこがあるような気がするの、
災難だったけど、命あっての・・・・それだけでよかった、と思うしかないですよね、
私、旅にでると大事なものはお腹に抱えて寝ます。(卵をあっためてる鶏みたいに・・・それでも心配)
【2006/06/15 09:08】 URL | takoome #- [ 編集]

イタリアの地下鉄
きこりこさん、怪我がなくてよかったですね。私の体験談をお話します。
去年の7月、旅先3日目の出来事でした。家族でコロッセオ周辺散策後、地下鉄構内で子供を使うすり集団と遭遇し、私の母親がターゲットとなりました・・・
駅構内に入ると、学校の先生と生徒さんらしき集団がいました。そこはあまりにも混んでいたので空いている場所へ移動していると、ローマ行きの電車がホームに入ってきました。私は母と少し離れたところから、「この電車に乗るよ!」と声を掛けながら母のもとへ近づこうとしましたが、なかなか近づけませんでした。混んでるな~と思いながら、たまたま横に目を向けると、栄養失調ぎみの子供を抱えた目の鋭い女性と目が合いました。その瞬間「あぶない!」と思い、母のもとへ走りました。次の瞬間、母の隣にいた女の子の手をつかんで、「what are YOU doing! 」「Don't touch her」等々言い、突き放しました。危機一髪でした。彼女は両手を肩あたりまで上げ、何もしてないよという素振りを見せました。そのまま私たちは電車に乗り、ただボ~ぜんとしていました。あとで振り返ってみると、電車に乗る瞬間、大きめのバックで母のバックを覆い、その下で手を差し込んで財布を盗もうとしていました。この間2~3分のことだったでしょうか。あとで母に聞いてみると、旅の全財産がバックに入っていたとのことです。~恐ろしい経験でした。おかげ様で、その後の旅はかなり警戒しながらとなりましたが、無事に帰ってこられて何よりでした。油断は禁物ですね!
【2006/06/15 19:55】 URL | ともきー #- [ 編集]

takoome様
本当に油断していました。
ツアーのお客さんが皆イスラエル人だったので、安心しきっていたのだと思います。(イスラエルは案外治安が良い)
でも船のスタッフはほとんど外国人でしたし、近いけど一応海外旅行だったのでございます、、、、。は~っ、油断大敵、、、。
私もこの次はニワトリさんを決め込もうと思います。
【2006/06/16 08:09】 URL | きこりこ #- [ 編集]

ともきー様
皆さんイスラエルは治安が悪くて野蛮な国だと思われるようですけど、ヨーロッパのその辺に国よりはずっと、ずっと治安がいいですよね。ね?
私もナポリの空港で男の人にトイレの中まで進入され、わわわ~~、っと大騒ぎになりました。貴重品は全部夫に預けておいたので、盗られるものはなかったのですが、すぐ警察に駆け込んでもリポートするなら、時間がかかると言われ、、、。
自分の身は自分で守る、隙を見せないことですよね。

ともきーさんのおかげでお母様助かりましたね。危機一髪!
【2006/06/16 08:18】 URL | きこりこ #- [ 編集]

皆さん
数々の経験談がおありですね~v-12トイレの中までなんて↑とんでもないっ!!っというかさらにすごいのは人が入った気がして起きるきこりこさんのご主人ですv-91毎朝大音量目覚ましでも起きれない私たち夫婦は
格好のターゲットになってしまいそうですv-37
【2006/06/16 18:39】 URL | buba #0dVQ8k3A [ 編集]

なんなのでしょうか、、、
子供が寝返りを打った音でも目を覚ましてしまう私と、そんな時グ~グーといいカンジで寝ている夫ですが、、、、でも、あの日はガバッとすごい勢いで飛び起きました。
私なんて何が起こっているか把握するまでに30分くらいかかりました。下着姿のまま外にでた夫に、”ジーンズはいて。”と言うのがやっとでした。
【2006/06/18 09:26】 URL | きこりこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/111-fe3d26bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。