イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーランド
先週の木曜日Rishon Le Zionにあるスーパーランド(遊園地)に行きました。
戦争が始まってから、村の住民を連れて行ってくれる無料バスの子供向け日帰り旅行が週に2回ほどあります。
Shefaimのウォーターパーク、Tel Avivのルナパーク、Ramat Ganのサファリパークなどに連れて行ってもらえます。
比較的カチューシャが落ちてこない時間を見計らい出発し、夕方運転手さんが北部と連絡を取りながら帰ってきます。←行き帰りは北部に近づくにつれ正直ちょっとハラハラします。

スーパーランドでは子供達が思い切り遊んで、北部での緊張を忘れさせてくれる楽しいひと時となりました。

スーパーランド↓

July2006warsuperland.jpg


この旅行代のお金はJDCからの寄付だそうです。

避難しているときも北部の住民だと言うと、割引してくれるお店や、サファリや映画など無料で入れるところがたくさんありました。

北部に残った人にはお弁当も配給されるようになりました。

お弁当↓

July2006warobento.jpg


ちょっと地味な機内食のようですね。

こういった小旅行、お弁当や、公共シェルターで行われるショーなどが戦争での緊張を和らげました。
スポンサーサイト

テーマ:イスラエル - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/08/20 11:22】 | # [ 編集]


ちょっとした憩いのひと時、よかったですね。
でも、こうした時のために募金を集める団体があって、そしてそれが実際に
きちんと機能して、人の役に立っている。
しかも、なかなか子供たちのために無料バスツアーをだそうなんて、そんな
アイディア出ませんよ~! これも常に緊張をはらんだお国ならではですね。
そう思うと複雑ですよね;;
こうした団体があって、きちんと機能してくれていることは、とってもあり
がたいことですが。ニッポンでは、ありえない~!
【2006/08/22 16:44】 URL | valvane #3un.pJ2M [ 編集]

募金
本当に感謝しております。
そういった募金が他の手に渡らず、ちゃんと被害があった地域に生かされているなんてとても素晴らしいですね。
【2006/09/06 22:42】 URL | きこりこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/126-2e09fa47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。