イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルイム(予備役)事情
先月でしたか夫に予備役の召集の手紙が来てベルシェバよりもさらに南のほうに今週4日間訓練に行くことになっていました。

結婚する前に
”私、いやだな。イスラエルって予備役があるんでしょう。予備役に行っている間さみしいし、何かあったらいやだし、、、ねえ、軍隊なんて行かないんでしょう?”
と夫に聞きました。夫は
”行くわけないって。”
と言いました。


結婚してイスラエルに住み始めてからしばらくは海外を行ったり来たりしていたのですが、やっと落ち着いてきたころ初めての予備役の召集が来ました。(特別な状況でない限り海外にいるときは普通召集は来ない)
”ねえ、結婚前に行かないって言ったわよね。”
と私が言うと
”結婚前は結婚前!あの時とは状況が違うんだ。なんでオマエは頭が固いんだ。計画って言うのはそのときの状況によって変えることも必要なんだ。”
と言いました。ぇえ?だまされた?
そして夫は21歳の兵役終了後初めての予備役の訓練へ行きました。


そんなことがあったのが数年前。それから何回か予備役の招集が来たのですがいつも直前になってキャンセルという状況が続いていました。(予備役は特別に偉いオフィサーとかでなければだいたい年に1,2回のペースで1ヶ月以内、そして以前は45歳まででしたが近年のハイテク導入で41歳に引き下げられたとのことです。)


そして今回久々の予備役。

↓クローゼットに眠っていた制服を洗いなおしました。アイロンかけなくちゃ~。

20061115002131.jpg


制服はぴち~っとアイロンがけをして、靴もきれいに磨きます。
最近夫は家を留守にすることがなくなったし、4日くらいなら顔をあわせないのもいいかも。羽ものばせるし~むふっ
と思うと嫌いなアイロンがけにも気合が入りました。 ←女心もそのときの状況によって変える必要があるということを学びました。

そして日曜日朝夫は基地へと向かいました。
その夜電話があって訓練が短くなると知らされました。結局2日間で終わることになりました。(防衛費の節約か?)予備役は仕事を休んで行くのでちゃんとお給料分のお金も出ます。

これが訓練の予備役で、危険な場所に行くわけではなかったのでこんな風にのんきなことが書けますが、予備役の召集で実際危険なことが起こっている場所に行く方もいます。

どうか自分の家族が、イスラエルの民が危険な場所に行くことがありませんように、早く世界に平和が来ますように、というのがいつもイスラエルの女性の願いです。





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

  日本の報道では、すごく危なそうですが、2日間で終わって良かったですね。

 何か書き込みたいけれど、うまい言葉が思いつきません。
【2006/11/16 13:34】 URL | ゆか #- [ 編集]


やっぱしあるんですね、召集・・・。
イスラエルに住みたいけど召集されたらと思うといつも怖いです。
主人のおじさんは73年の戦争で亡くなりました。身近な人が犠牲になった経験があるので余計怖いです。
早く平和になって欲しいです。
【2006/11/16 15:47】 URL | もんじろ #- [ 編集]

おつカレーライス
きこりこさんのご主人、お疲れさんでした。
ボクら日本人が体験できないことなので大変だなあと思うのですが、イスラエルのような国では誰かがこれをやらねばならぬ…なのですね。
いつかキブツにいたころ、キブツの門を夜警していたオジサンがニコッと笑って
「ヒネー・ロー・ヤヌム、ヴェロー・イシャン・ショメル・イスラエル」
(見よ、イスラエルを守る者は眠ることもまどろむこともない)
という聖書の言葉を引用したのがとても印象に残っています。

ps:今回はきこりこさんのご主人へのコメントみたいになってしまいました。
【2006/11/16 15:55】 URL | クジラ #xoejNlHw [ 編集]


タイトルを見て一瞬ドキッとしました。
でも二日間だけで終わって良かったね~。
うちにも10年前に予備役の招集が来たのですが直前になって
旦那は逃げ出し2日間ケレ・シェシュに入れられてしまいました・・・(恥)
息子が大きくなるに連れて平和を願う毎日です。
【2006/11/16 16:28】 URL | いち君ママ #- [ 編集]


きこりこさん、
こんばんは。
はじめは気楽に読んでいたのですが、最後の五行でしんみりしました。
自分がどんなに平和ボケしているかを知らされたような気がしています。
うちのだんなさんはかつて空軍入りを希望していたようで、その訓練も
すこし受けたのですが、一度試験に引っかかって諦めたそうです。
今はその試験に落ちてくれて本当によかった!と思いますが、自分の
意思とは関係なく行かなければならないひとたちもいるのですよね。
お子さんたちも、きっと、お父さんのことを心配されたでしょう。
私もとにかく世界中のひとびとが平和な日々を暮らせる日が来ることを
切に願うばかりです。
あぁ、思っていることが上手く書けません…。
【2006/11/16 19:51】 URL | みさ #- [ 編集]

ゆか様
この辺はあまり感じないのですが今ガザのあたりが危険だそうで、多分その様子が日本でも報道されているのだと思います。隣町の知人が先週予備役で呼び出されてガザにいたそうなので全く他人事ではありません。
たった二日で、しかもまたたくさん友達を作ってきて、、、こんなミルイムばかりならいいのですけどね。
【2006/11/16 22:01】 URL | きこりこ #- [ 編集]

もんじろ様
戦争とかなければ、このミルイムもけっこう楽しそうですよ。
とくにうちの主人は人との出会い、語り合うのが大好きなので今回羽をのばしていたのは私でなくて主人のほうかもしれません。
【2006/11/16 22:05】 URL | きこりこ #- [ 編集]

クジラ様
おつカレーライス主人に教えて伝えておきます。
また彼のヘンな日本語ボキャブラリーが増えそうです。(笑)
【2006/11/16 22:09】 URL | きこりこ #- [ 編集]

いち君ママ様
すごいですね、いち君パパ。ケレのほうが良かったのでしょうか。
うちは”ケレに入れられてもいいっていうのか。”と逆切れしてました。
ケレかミルイムか、、、、難しい選択です。
【2006/11/16 22:12】 URL | きこりこ #- [ 編集]

みさ様
ミルイムに行くと行ったときに一瞬子供達の顔が悲しそうだのはただ単にお父さんが留守になるからかそれとももっといろいろ深くまで考えていたのか、、、。
今のところ子供達は僕は(私は)怖いから軍隊にはいきたくな~い、と言っています。私も行って欲しくないと思っています。
【2006/11/16 22:21】 URL | きこりこ #- [ 編集]

お疲れ様・
私達日本人からしてみると結構悲壮感漂いそうな 予備役兵役ですが・・・。
緊急時で無い限り、何気に楽しんでいる様な気がしましたねぇ。当時。
こっちは、経験ないから冷や汗もので心配しているのに、旦那は久々の友達と会う、語る、シュミレーション訓練や その他の訓練も楽しそうでした。

愛国心のなせる業、賜物だなぁ、と 当時 ミルイムが来るたびにそう自分を納得させるのが精一杯でしたぁ・・・ 今は、41歳までなんだ・・・。あと数年日本で頑張ろうっと・・・。やっぱ妻としては、できるなら行って欲しくないもの。

無事ご帰還、きこりこさんも ちょっと骨休み・・・。2日間ならいいですねぇ。
うちは28日間が大抵普通に年一度ありました・・・。キャンセルになるとね、嬉しかった・・・。だけど、それも前日か当日の連絡なんだよね。なんだか、懐かしい話題ですぅ~~  動じていないきこりこさん、やっぱ もろっこ・かぁちゃんですなぁ。
【2006/11/17 06:37】 URL | mami #VVFNmA0E [ 編集]


そうそう、わいわいがやがや、自分より女性の若い教官が来たりして教官のやり方に対してみんなで抗議して、ちょっとかわいそうだったかなぁ~なんて楽しそうに話していました。
28日間は、長いですねぇ。やっぱりイスラエルに来ると強くなりますよね。
主人は最近私をモラカニットと呼んでいます。
【2006/11/17 10:22】 URL | きこりこ #- [ 編集]


もしかして、なんて考えると嫌ですよね。大変だなぁ。
彼氏の出身地に最近ミサイルが飛んできてて、彼のお兄さんの家族はエイラットに非難してるそうです。2,3日前の新聞のトップページに子供たちが載ったとか言ってました。インタビューもされたみたい。しかし、ガイドマックすごいですねー。お金持ち。チョット前までは極悪非道な人相だな。なんて思ってたけど、最近良い顔になってきたような。コレもいい行いのせいかしら。(気のせい。。?)
【2006/11/19 22:34】 URL | nikki #- [ 編集]

予備役
私がいつも気にしていたのは、兵役についているときに戦争が起こったらほんとうに戦地へ行って戦うのかなァなんて思っていましたが、そうなんでしょうね。
予備役に召集されるということもやっぱりあるのですね。  今度はすぐに済んで何事もなくてほんとうによかった!  私のイスラエル人の友達が、15年ほど前に5歳か6歳だった男の子が、もし兵役に出さなければならない年になったら、ど~しよう!  もし女の子なんか連れて着て僕の彼女なんていったら、ど~~しようなんて心配してましたが、もうそのコも兵役も終えて、彼女と同棲しているそうです。 
【2006/11/20 20:31】 URL | tenko-chan #ebRvwIR. [ 編集]

nikki様
ガイダマックさんには拍手をおくりたい気持ちです。
マフィアだとか何とか言われていますけど、その辺の政治家よりも弱者の立場に立って、ちゃんと有言実行なところは素晴らしいと思います。
敵にしたら怖そうですけどね、、、。
最近の善行でオーラの色が変わってきているかもしれませんね。(←オーラの泉の見過ぎ)
【2006/11/20 23:19】 URL | きこりこ #- [ 編集]

tenko-chan様
実は7月にも予備役の召集の手紙が来ていたのですが、少し前にキャンセルになりました。そうしたらその後すぐレバノンとの戦争になりまして、セ~フ!と一瞬心の中で叫びました。でもその後周りの人がどんどんツァブ8という予備役の招集の連絡が来て、うちにも来たらどうしようと心配でした。
初めての戦争体験でしたが主人がいたので乗り切れたのだと思います。私一人で子供と残っていたら心細かったと思います。
【2006/11/20 23:28】 URL | きこりこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/145-344f2e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。