イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイでのお食事
バンコクには夕方着きましたので、すぐにゲストハウスを探し始めました。荷物を置くとすぐカオサンへ、、、。

夏休みだからでしょうか、ものすごい人の数。

ニホンジンがすごく多くなったと感じました。
いつだったか昔、猿岩石さんっていう方たちの出ていた番組、あの頃からニホンジンの若者たちが増えたと思っていたのですが、今やパリやニューヨークで見かけるくらいニホンジンが多く行く場所になったのですね、、、。

その他韓国、ヨーロッパ、アメリカなどなど、たくさんの国からバックパッカーさんがいらしていました。

でも現地にすんでいるニホンジンの方に聞きましたところ、一番増えたのは、そこに来るタイ人の若者の数だそうです。
それはどうしてなのでしょう。



到着日夕食は ベット ハバッド にて。
ユダヤ教ハバッド派が経営するレストランです。レストランといっても図書室やシナゴーグも併設されていまして、もちろんコーシェー料理が食べられます。
今回はシャバットにあたりませんでしたが、以前(10年前)はシャバットディナーに参加することが出来ました。
キドゥーシュをして歌を歌ったりとても楽しかったのを覚えています。
当時は古臭い建物でしたが今は改築されてとてもきれいな建物になっていました。支店(?)がタイのいたるところに出来たそうです。
ユダヤ人が集まるところなら必要ですよね。


翌朝早く起きようと思い10時にベッドに入りましたが、12時に隣のイスラエル人さんたちに起こされました。時差ぼけなのかそれからなんだか寝付けなくて、その日は朝方少しうとうとしただけでした。

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/17-305106fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。