イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改宗の取り消し
ユダヤ人の定義はユダヤ人の母親から生まれた者、もしくはユダヤ教に改宗した者となっております。
ユダヤ教の改宗には長い長い勉強と裁判(試験のようなもの)があってそれが終わるとミクベに入ってその後はじめてユダヤ教徒と認められますが、ユダヤ教に改宗した者は改宗の証明書が出た後もユダヤの法(コシェルに則った食事をするとか安息日を守るなどなど、、、盛りだくさん)を守ることが義務付けられます。



数週間前こんな事件がございました。

ユダヤ教に改宗した妻とユダヤ人の夫の離婚の際、ラバヌット(ユダヤ教師議会)に夫婦が行ったのだそうです。そこでラビが妻に
『あなたはダティヤ(法律を遵守する人)ですか』
と聞いたのだそうです。
そして彼女は正直に
『いいえ。』
と答えました。

すると彼女の改宗は取り消され、子供たちもユダヤ人の権利を剥奪されました。
そしてラバヌットが彼女はどこで改宗をしたのだろうか、と調べたところ浮かび上がったのがラビ・ドゥルクマンでした。
そしてラビ・ドゥルクマンのところでの改宗は適正でないという判決が宗教の裁判所でくだり、彼の管轄する改宗コースで1999年から改宗した人は全員改宗の取り消しが言い渡されました。
その数何千人でございます。

確かに(改宗した)母親がユダヤの法を守らない=ユダヤ人ではないのはわかるのですが、この判決無茶苦茶すぎませんか?というのが一般の意見でございます。

どんなコースだったのかは存じませんが中には改宗後も学び続けたり、宗教に目覚めたり、子供を宗教学校に入れユダヤの法を守っていた方たちもいるのではないでしょうか。
今の改宗は最終的には結局ラビ独自の判断であって本当に本人と神の間で誓いがあったかどうかは人間に判断できるわけないですから難しい問題ではございます。でも全員剥奪とはびっくり。

今このラバヌットの判決を取り消そうとしているそうですが私も改宗した者(他のラビのところですが、、、)として、どんな判決がでるのか興味がございます。
皆様はこの判決についてどう思われたのでしょうか。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

なんともかんとも むちゃくちゃな話です
個人の人格は尊重しないのかしら
もし 全てのラビから 一人ずつでたら 改宗者は一人もいなくなっちやいますね 
それにしても 厳しい掟 ですね
日本の様に 何でもありのいい加減な宗教観から見れば いっそ 潔い気もしますが
個人の尊厳は 守られねばなりません
剥奪された人たちは 青天の霹靂 ですもの

【2008/06/01 19:02】 URL | うみんば #- [ 編集]


そんなことがあったんですね、知りませんでした。
ユダヤ人でも、ロシアから来た人たちなんて平気で豚食べているし、子供の友達のママなんて(この人はイラク系)ヨム・キプールに電話で喋ってたりしてるし、そういうことを考えると、改宗していない私の方が結構宗教的かも、、、なんて思ったりします。かといって、きっちり守ってるともいえないんですが。
実は、家の近所は宗教的な人が割りと多く住んでいる地域なんですね。この金曜日の夜、シャバットに入ってからだったんですが、上の住人が「訳は話せなんだが、お願いがあるから家まで来て欲しい」と言うんです。今まで3年ここに住んでいるけど挨拶もしたことの無い仲の人が、です。「訳は話せないといわれても、、、」と渋っていると、何のことは無い、この人たち、シャバット用の大きな湯沸かし器のスウィッチを間違えて二つ付けてしまったんだけれど、シャバットに入ってしまったから消すこともできないってことだったんです。勿論、私にはどうってことの無いことでしたので、さっさとスイッチを消しに行きました。今までも、いろいろと考えさせられたことはあったけれど、この人たち、周りの人がみんな自分たちみたいに宗教的な人ばっかりだったらどうしたのかな?と、単純に思いましたね。当時、うちのパパは外出中だったんですが、パパがいたら、、、スイッチを消すお手伝いには行けなかったなぁ。。。
【2008/06/01 21:09】 URL | ゆんちゃん #- [ 編集]

うみんば様
どうでもいいや~、わからなければ、、、、と思って生活している人の中にも少なからずユダヤ人としての自覚や誇りがあるはず、と私は、、、信じたいです。
そしてその何千人の中には絶対最初は宗教的でなくてもあとになってだんだんと信仰深くなった方がいると思います。そういう人たちはどうなってしまうのかしら、、、と。
この判決だと法を遵守している人たちの権利が守られておりません。
自分はユダヤ人だと思って生活してきたのに後で君は『ユダヤ人じゃないよ』とラバヌットから言い渡され、かえって反宗教心、反ユダヤ感情が芽生えてしまった方たちをたくさん観てきたので、こういう判断は慎重にしていただきたいと思いました。
こういうケースではたとえ数千人でも一人一人の今の生活をチェックするべきなのでは、と。もし法を遵守しているのにユダヤ人の権利を剥奪された人がいるとしたら、、、同じ改宗者として同情せざるをえません。
【2008/06/02 09:12】 URL | きこりこ #- [ 編集]

ゆんちゃん様
私はたまたま車を運転しながらラジオを聴いていたときにちょうどこのニュースを耳にし、事件を知りました。
最初は車の中で義母と『なんだそりゃ??』みたいなことを話していましたがそのうち義母がめちゃくちゃな判決だと怒りだしました。
それで私がラビも人間だから(間違いもする)、、、という意味で、義母にこんな話をしました。
ちょうどこのニュースが話題になったのと同じころ、結婚生活の悩みを相談するラビがいるのですが、奥さんが夫婦関係のことでラビに相談しに行ったら、ラビにレイプされてしまった(!)のだそうです。(その奥さんが泣きながら語っているのをラジオで聞きました)と、この話を義母にしたらますます怒ってしまいました。

ラビ・ドゥルクマンといえばそこで私のお友達がこの春改宗することになっていたそうで、まだ彼女は改宗の勉強を始めていませんでしたがかなりがっくりしていました。ですから改宗の勉強が終わってほっとしていた人ならなおさらショックなのではと、、、。

母親がユダヤ人の人から生まれてきた人は豚肉を食べてもシャバットにビーチに出かけても、クリスチャンの洗礼を受けても、基本的にはユダヤ人とみなされますが改宗者はユダヤの法を遵守しつづけてこそユダヤ人と認められる、というところが難しいところですね。
【2008/06/02 09:44】 URL | きこりこ #- [ 編集]


うわぁ。。。きっついですね。ニュースなんて全然見ないので知りませんでした。
一人の改宗者がユダヤ法を遵守しなかったからといって、そこのラビで改宗した人
全員がユダヤ法を遵守していないと決めつけるって、ちょっと行き過ぎてるとしか言いようがないですね。
それこそ一人一人根気よく勉強させて、丹念にユダヤの教えを説いて来た過程そのものは尊重されることはないんでしょうか・・・?
ユダヤ教に改宗することが、如何に大変なことかということをまた思い知らされる事件ですね。
【2008/06/02 10:58】 URL | twity #- [ 編集]

びっくりです
ご無沙汰しております。
このニュース私もビックリしました。
改宗時の誓いと契約は、神と本人の間に成されるもの。
確かにラビの責任もあるでしょうが、あまりにも短絡的で・・・
また離婚に関しても、問題ありすぎですよね。
私たちは市民婚だったのですが、それでも離婚の際にはラバヌットに行かなければならないと聞いて、呆れてしまいました。
レイプのラビ、その女性がミクヴェ後かどうか確認したのでしょうか?
【2008/06/02 12:01】 URL | pon #- [ 編集]


それはまたメチャクチャな話しですよね~。
僕自身はユダヤ教にはあまり詳しいほうじゃないですけど、やっぱりそれはその個人の問題ですよね。
難しいです。
【2008/06/02 17:26】 URL | Takuya #- [ 編集]


きこりこさん、こんにちは。
今回取り消された方々、本当にお気の毒です。
改宗まで・それ以後の道は人それぞれ違うので、同じラビの下で改宗したという大雑把なひとくくりで判断するのは私もどうかと思いますね。一番の被害者は今までユダヤ人として育てられてきた子供たちじゃないでしょうか。
周りにいるイスラエルでの改宗者(日本人)はみんな敬虔に戒律を守っているので、さすがイスラエルでの改宗は違うのねと思っていました。本当にショックです。イスラエルでの改宗希望者も増えていると思うのですが、それに対処するラビの姿勢を問うことも目的だったのでは?そちらでも改革派がかなり力を持ってきているようですし。。。
それにしてもラビ・ドルクマンって、巷での評判はどんな方だったのでしょうか?
イスラエルでの改宗は一人のラビが最初から最後まで担当するんでしょうか?(アメリカではべスディンが行うので、一人のラビに改宗を依存することはまずないと思います)
【2008/06/02 18:17】 URL | ハティクバ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/06/02 18:28】 | # [ 編集]

極端ですよ
お久しぶりです。
なんか無茶苦茶ですね。
確かにユダヤ教ってすごい閉鎖的な宗教だけどこれはちょっとやりすぎな気がします。
本当に神聖な気持ちで改宗した人たちがこれじゃあ毎日おびえて暮らさないといけなくなりそう。
【2008/06/03 06:36】 URL | ちっぷ #U2e.cqn2 [ 編集]

twity様
この判決、
大学入試で一人の生徒がカンニングしたのが発覚しました。入試の監督者に落ち度があったので、その年度の卒業生は皆卒業を取り消すこと。
みたいなものでしょうか。
でも子供もまきぞいですものね。
もっときっついですね。
【2008/06/04 12:30】 URL | きこりこ #- [ 編集]

pon様
そのご婦人は
『ニダーだから、ニダーだから、、、』
と訴えたそうですが
『シャクラニット!(=うそつき女)』
と言われて襲われてしまった、と語られてましたよ。
あってはならない行為ではございますが、ラビ(ユダヤ教教師)も人間ですから、たまにはそういう人もいると思います。
日本だって生徒や、少女に手を出す教師なんてうじょうじょいて、日本のニュースを見てると悲しくなることがよくありますもの。
【2008/06/04 13:06】 URL | きこりこ #- [ 編集]

Takuya様
新しいマシーンが来てから、ネットであまり見かけないものですから、ちょっと心配しておりました。どうぞ安全運転を。

ユダヤ教の改宗に関しては本当に人それぞれで、1年足らずでできてしまった人もいれば10年以上かかってもできなかった人などいろいろなケースがございます。長年かけたからすごくダティー(宗教を遵守する人)になるかと言えばそうでもなくて、私のドイツ人のお友達はヘブライ語もろくに話せないのに短期間であっさりと改宗できたそうです。でも彼女はものすごくダティーで、彼女に教えられることがたくさんあります。同じ場所で改宗したとしても、その後それぞれがどう受け止めるかでダティーになるか、そうでないか、ぜんぜん違ってくると思います。個人の問題、そういうことをおっしゃられてるのですよね。
【2008/06/04 13:25】 URL | きこりこ #- [ 編集]

ハティクバ様
一人のラビが改宗の勉強からベット・ディンまで、、、他の人のケースをたずねたことがないのでどうなのでしょう。
私の場合は何人かのラビ、ラバニットが関わっていました。
普通に考えてラビ・ドゥルクマン一人で全部を仕切っていたというのは考えにくいと思います。

正統派の中にもちょっと緩いのとガチガチのがございますが、ラビ・ドゥルクマンは正統派でも改宗を宗教でなく国家的(政府的)なものとして扱うという考え(=緩い)を支持していたそうなので、ラビ・ドゥルクマンを追い出そうとしたその反対派とのポリティカも絡んでいるのではないかとちらりと思ったりもしました。
新聞には彼が70才を過ぎていたから(適切な判断ができなかった)、、、のような総理府のコメントか何かが載っていましたが、だとしたら大急ぎで大統領に退職していただかないと、ですね。
そして私はすべてのことに意味があるとしたら、神様はどうしてこのような厳しい判決をしたのかしら、と考えていたのですが、最近改宗したばかりの方にこんなコメントを頂きました。(以下コメントを引用)
ただ、いろいろな方とお話をしたのですが
「面接にさえパスすればいいんだから、後は気にしなくていいのよ」
「私は何も守ってない(豚も食べる)けど、息子のお嫁さんが非ユダヤ人なら
改宗してもらいたと思ってるわ、何故だかは説明できないけど」
(イスラエルに住んでいて子供もいるご夫婦)「イスラエルに住んでるなら改宗しといたほうが都合がいいからね、でも頭痛いなー」(奥様非ユダヤ人)
等の発言をよく耳にしました
実際、(改革派の)ラビとお話をした時に私は「ユダヤ教の勉強がしたいのですが、お勧め方法、または書物はありますか?」と尋ねたことがあり、どうして勉強したいのかを聞かれると思ったら「君はイスラエル人の彼氏がいるのですね?」との返答でした
また、改宗が厳しいのはビザ目的の人も多いからとのことも聞いたことがあります
この判決はちょっとした見せしめでは、と思ってしまいます
この問題の女性は明らかに「結婚」のために改宗しているわけで、心から
神様を信じていたわけではないと思います
そして、そういう改宗者が現在非常に多いことも事実だと思うのです
だから彼女1人の剥奪ではなく99年からの改宗者全員!となると、その問題の女性も責任を感じないわけはないでしょうし、教えるラビ達の中にもお金やコネで動かなくなったり、これから改宗する人、すでに改宗した人にも「喝!」がはいるのではないでしょうか 。
(以上コメントから)
確かにラビの不祥事や改宗者の宗教離れがはびこっているのでやっぱりでしょうねぇ。私もこの件で気持ちがよりいっそう引き締まった気がいたします。
【2008/06/04 23:54】 URL | きこりこ #- [ 編集]

ちっぷ様
私もこれ、やりすぎじゃないですか?と思ったのですが、すべてのことに意味があるとしたら、やはりこれは私たちに(改宗について)『もう一度よく考えなさい』と言っているのではないでしょうか。
そして本当に神聖な気持ちで勉強した方たちはいつか報われる日が来ると信じたいです。
【2008/06/05 00:01】 URL | きこりこ #- [ 編集]

まぁ…
徹底しているという点では、ダティームの方々はスゴイと思いますねー。
でも逆に言うと、数千人の信者をなくしてしまったわけなので、ユダヤ教全体にとっても痛手なのではないでしょうか。
もったいない。ただでさえ、ユダヤ教徒はマイノリティだと思うんですけど。
もう少し、融通のあるラビさんだったらよかったですねぇ。。。
【2008/06/09 13:24】 URL | クジラ #xoejNlHw [ 編集]

クジラ様
確かに政治的には不利かもしれませんが、宗教的に見たら信者を増やせばよい、という宗教ではないので、なんとなく判決もわかる気がするのですが、もし宗教的な生活を送っているのにキャンセルされた方がいたとしてら本当に気の毒です。
あのベットディン(宗教の裁判所)のプレッシャーと言ったら、、。
【2008/06/10 22:38】 URL | きこりこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/206-7889c499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。