イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日イスラエルに戻りました
ソウル、パリを経由して昨日イスラエルに戻ってまいりました。
楽しかった日本はあっという間に時間が過ぎてしまいました。

日本からは直行便がないのでヨーロッパ、またはアジア、国交のある中東の国(エジプト、ヨルダン)経由で行き来をします。

着いてすぐ、以前うちにホームステイしていた方がイスラエルに滞在しているといことで遊びに来てくださいました。
全然違う環境で育った方を受け入れるのは最初大変なこともありますが、一緒に住んでいるうちに、友情とはまた違う、親しみとか愛情が湧くことがあります。
わざわざ訪ねてきてくださって、家を出た家族がまた戻ってきてくれたような嬉しさを感じました。





イスラエルは徴兵制があって女子でも2年、男性なら3年、18歳から軍隊に行きます。

”大変でしょう?”

と聞くと大概の人が

”大変だけど、いい友達もできるし良い経験だった。”

と言います。

一緒に寝泊りしながら、学んだり、訓練したり、危険を乗り越えたりすれば、友情を越えたいろいろな感情が生まれるのでしょうか。

なんとなくわかる気がいたしますが、でも自分の子供達が軍隊に行かなければならない時が来たらと想像するとかなり複雑な思いです。


スポンサーサイト

テーマ:イスラエル - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
おもしろい
きこちゃん、こんばんわ。毎回楽しく読んでいます。特にエステの話が良かった~。私もやってみたいよ。日本でもいいや―。
【2005/08/29 12:27】 URL | うえはつ #C8yVuyDQ [ 編集]

はつちゃん
今度は家族全員でイスラエルに来て、死海のエステを体験してみてくださいませ。
【2005/08/30 08:57】 URL | きこりこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/25-c7dac13f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。