イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルワイン
ユダヤ人のお祝いごとにワインは欠かせないものであり、イスラエルでのワイン生産の歴史は世界で一番古い地域の一つと言われています。


3700年前のワインセラー発見される(←クリック)


日本でワインというとヨーロッパのワインのほうが良く知られていますが、建国を経て1980年代のワイナリー・ブームをきっかけに小さなワイナリーがたくさんでき今ではイスラエルワインが国際コンテストでたくさんの賞を取るようになったそうでございます。

我が家も酒好きが高じて、夫がブドウ畑を作ってしまいました。 (普通にお店でワインを買ったほうがいろいろ飲めるし安くつくとおもうのでございますが、、、、??)

さて、昨年初めての収穫がございました。
ユダヤ教の規則によると植えてから3年ほど収穫を待たなければいけません。
小さいワイナリーなので機械ではなく手作業でブドウを収穫しましたが、機械で収穫するとブドウの中に蛇や蛙が混じってしまうことがあるそうですよ。 ( ちょっと気持ち悪いですね。。。。)
それでもワインを作る過程でいろいろなごみが浮いてくるのでユダヤ教の規定で唯一コシェルでない虫などが混ざっても大丈夫とされているそうでございます。

土壌がワイン作りに適していると言うだけでなく、ヨーロッパに比べると雨が少ないイスラエルでは虫がつきにくく、農薬も少なくて済むので、イスラエルのワインはとてもおいしくて健康的でございます。

今はブドウを発酵させるために管理してもらっていますが今年か来年にはおいしい自家製ワインがお披露目できると思います。
スポンサーサイト

テーマ:イスラエル - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/272-e15981e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。