イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツック・エイタン
ツック・エイタンというイスラエル軍の作戦が始まってからもう1ヶ月以上経ちました。

主にガザからの攻撃ですので北の方はだいたい安定していますが、今晩シャバット明けに旅館のお客様が帰られたのでごみを捨てようとしていたところボ~ンという大きな爆音を聞きました。かなり近くで聞こえたのでまた落ちるかもしれないと思い、大急ぎで自宅に駆け込みました。
ガミーラおばさんが住む側のオールド・プキインの民家に落ちたそうでございますよ。ちょうどうちの子供たちの同級生のお宅だったのですが住人は留守で大丈夫だったそうですが、怪我人が数人出た模様。

あとゴレン、隣町のマアロット。発射基はレバノンだそうでございます。
通常警報が鳴るのですが警報が鳴らなかったことに住民が騒然としております。
子供達と夏休みで泊まりに来ている夫の友人の子供達は一応シェルターに寝かせました。

さて今お風呂に入ろうかどうか迷っているのでけれども、もう少し様子を見たほうがいいかしら。
だってシャンプーでもしてるときに警報が鳴ったら、よそのお子さん達が来てるのにシェルターに駆け込むのちょっと恥ずかしいでしょう?
ロケット弾はお風呂に入っていようが、用を足していようが容赦なく落ちてくることがありますので情勢が緊迫しているときには注意が必要でございます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/274-f0d304dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。