イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防接種
イスラエルでは大きな怪我や出産、手術の場合にはベット ホリィム(総合病院)に送られますが、ちょっと風邪を引いたり、変だなと思ったときに行くクパット ホリィム(診療所と訳せば良いですか?)というのがあります。

クパット ホリィムにはマカビ、クラリット、などなど種類があってそれぞれサービスの特徴が違います。
どれでもいいのですが、いずれかのクパット ホリィムのメンバーになっていることが必要です。
メンバーになるというのは、もちろんお金を払わないといけないのですが、メンバーになっていると医療費は無料、もしくは大部分が保険からまかなわれます。保険がきかないと医療費はとても高いです。

クパット ホリィムでは妊婦と就学前までの子供の検診や予防接種のサービスをしてくれるティパット ハラヴというシステムもあります。
日本の妊婦検診、乳幼児健診と似ています。



前置きが長くなりましたが、今日次女を連れてティパット ハラヴに行って来ました。

1ヶ月前にも予防接種を受けました。
今回は、ポリオ(口から)と前回受けられなかった水疱瘡のお注射を腕に、そしてもう1種類を太ももにに、、、、。

大人でも泣きたくなるような数ではございませんか?
日本では確か1種類ずつだったと思うのですが、イスラエルは予防接種も豪快です。

予防接種に行っていつも思う日本とイスラエルの違いです。


ところで日本ではだいぶ前から受けられる水疱瘡の予防接種ですがここ数年イスラエルでも受けられるようになりました。
実はこのワクチン、日本で開発されたのだそうです。
だからイスラエルに来るのが遅かったのですね、、、、。ね?
スポンサーサイト

テーマ:イスラエル - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/45-9d0a519c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。