イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチューシャロケット弾
今日夕方次男を連れて近くの町にミュージカルバンビを見に行きました。



森でバンビが生まれて、バンビのお母さんや森の友達と仲良く暮らしていました。
ところがバンビが大きくなった頃、悪い人間達が森に入り込んできてバンビのお母さんを連れて行ってしまいました。
お母さんはどうなってしまうの~??と盛り上がったその時です。



ミュージカルとは関係なさそうな男性が舞台に上がってきて、
今日はバンビはここで終えなくてはなりません。ここを出てシェルターに入ってくださいね
とマイクで放送を入れました。

へっ?と周りを見回しましたら、皆さんさっさと帰っていくではありませんか。

薬局や郵便局、スーパーなどで並ぶときは我先にと列を乱すイスラエル人ですが、わりと整然と出て行く姿に感心しました。

後ろの女性が
今夫から電話があって、北部にカチューシャロケット弾が落ちたからシェルターに入らないといけないそうよ。
と言っていました。
(北部には一軒に一部屋、またはアパートなら共同のシェルターがあります。作りは周りに特別な材質を入れるようになっていて他の部屋より頑丈にできています。)

イスラエル軍がレバノンから撤退して以来ここ4年間くらい大きな攻撃はありませんでしたが、最近レバノン軍がイスラエル北部の攻撃を計画しているという情報はあったそうです。


どうしましょ。シェルターは物置部屋になっておりますぅ~。




はい、でも落ち着いて

このカチューシャロケット弾といいますのは、それほど威力のあるロケット弾ではございません。
見事に弾が身体に当たってしまいましたら、大変なことになりますけれども、家に落ちたら家が全壊というほどの威力ではないです。
弾は私が両腕で抱えて持ち上げられるくらいの大きさです。



、、、、と何度も自分に言い聞かせながら帰宅しました



私も北部に住んでおりますが、私が住んでおりますこの区域はちょうど低い山がございまして、この山を突き破ってくるほど威力はないのだそうです。(かろうじて安全域在住)


ですのでシェルターからではございませんよ。
とりあえず私はいつもどおりの夜を過ごしています。

が、それでもやっぱりシェルターに入っている方々がいらっしゃるので、シェルターに入っている方々が少しでも早く外に出られますように、、、。(隣町の皆さんはシェルターの中なのです。)


↓ 今日のレバノン軍による北部攻撃についての記事
  イスラエル軍が報復した際の写真が載っています

http://news.nana.co.il/Article/?ArticleID=212269&sid=16


避難解除

昨夜の緊張感とはうってかわって、子供達も元気に学校と保育園に行きました。
いつもどおりの生活です。隣町にも行けますよ。

こんな時期と重なってちょっと不吉、、、、と思っていたのですが、
以前から来ていた主人への軍隊召集(ミルィム)も今日一日だけ訓練のみで終わるそうなのでほっとしています。
スポンサーサイト

テーマ:イスラエル - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
ご無事でよかったです
でもバンビはどうなるのでしょう? ちょうどいいところで~v-356
気になりますよね。また後日、半券を持っていったら入れてくれるのでしょうか?

それにしても、こうしてイスラエルでの「日常」をお伺いしていますと、日本で
思っている以上に「日本」とはかけ離れた世界があるんだな…と、つくづく
思い知らされます。
日本ではロケット弾が飛んでくることはありませんが、世界にはこういう国も
あるんだと知っておくことは、とても大事だと思います。
いつか中東域にも行きたいと思っているのですが、最初にイスラエルに行ってから
他の国に行くようにした方が、強くなれそうですね。(w
【2005/11/24 02:16】 URL | ガナッシュ #3un.pJ2M [ 編集]

イスラエルの日常
いえ、こんなことは滅多にあることではありません。(今回は念のための避難というかんじでした。)
いつもは田舎を愛車でうろうろしてますし、ここにいると世界で一番平和な場所なのではという錯覚にさえ陥るんです。(本当ですよ!)
ほかの中東の国はエジプトしか行ったことがないのですが、イスラエルはヨーロッパ系ユダヤ人も多いですからヨーロッパ文化の影響も濃いです。
セキュリティーがしっかりしていて治安が良いので安心して旅行できますよ。物価が高いのでそこは旅行者にとって痛い所ですけれど。
ぜひいらしてその目で確かめてみてください!


【2005/11/24 10:10】 URL | きこりこ #- [ 編集]

ご無事でなにより
久しぶりに伺ってみたら、あらら、
北のニュースは知っていたのですが、まさかきこりこさんの方面とは!
シェルター避難も無事解除されたようでなによりです。
バンビ残念ですね。再演時にはもちろん無料招待券をゲットしてくださいねー。
【2005/11/24 12:27】 URL | pon #- [ 編集]

いやぁ~
さすがイスラエルですね
自分で自分を守ることが当たり前なのですね
日本では原子発電をしていますが
あそこに攻撃されたらどうするのだろうと
いつも考えています
日本は多分あそこは弱みなのだけれど
一般大衆にそのことを知らせるとパニックになるから
知らせないのでしょうね・・・
って思っています
でも、バンビ最後まで見たかったですね残念でしたね
【2005/11/25 03:38】 URL | マー #YG9ONXHE [ 編集]

ponさん
家からは結構離れたところだったようなのですが、安全のためには細心の注意を、ということなんでしょうね。
ナハリヤでは結婚式の途中、シェルターに入るように放送が入り、結局フッパがシェルターの中になってしまい、新郎が泣いていたそうです。
【2005/11/29 00:58】 URL | きこりこ #- [ 編集]

マーさん
そう、日本は平和ボケしていますので、何か起こったときのことを思うと本当に心配です。イスラエルはその点いろいろ対策が考えられていますから、わりと安心なんです。
バンビはお母さんと離れて森で一人強く暮らしました。オシマイ、、、、
こんなかんじで子供の心の中に残っていることでしょう。
【2005/11/29 01:03】 URL | きこりこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/53-852a5b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。