イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田浩二選手がやってきた、、、
サッカーの中田浩二選手が5日にイスラエルに来られたそうです。
こちらの新聞で知りました。
ベイタル・イェルシャライム(日本ではベタル・エルサレムと書かれていました)からオファーがあり視察に来られたとのことでした。

ところが世界で一番セキュリティーが厳しい国は有名サッカー選手でも軽々と入国することはできなかったそうでございます。
空港の入国管理局で数時間の足止めを食らい、
このまま一番早いフライトでパリに引きかえらせてくださいと、懇願されたとか、、、、。(イェディオット アハロノットより)

それでも入国手続きが済むと、イスラエルでの歓迎と、予想外の環境の良さにビックリされたそうです。 良かった

サッカーはイスラエルの国民的スポーツです。(あとバスケですか?)ですから日本人選手が活躍してくれたら、もうこれは日本とイスラエルの架け橋です。
サッカー観戦が大好きな夫とその時間はさっとテレビを離れてしまう私の夫婦の溝も埋めていただけると思います。 ←どーでもいいことですか?

日本にはテロ以外のイスラエルを知っていただくいい機会になりますし、イスラエルもアニメ、電気製品、車以外の日本を知ってもらういい機会になると思うのですけれど、、、。

しかも活躍してくれたら、私と中田さんは全然関係がないのに
”中田は素晴らしい!”
と皆さん声を掛けてくることでしょう。
ね?
(逆にミスをしたら、これまた関係ないのに日本の選手はあーだ、こーだと言われそうですが)

まあご本人はあまり乗り気で来られたようではなかったので、あまり期待しないでお待ちしております。

↓ 中田選手、空港にて

http://www.one.co.il/cat/articles/article.aspx?id=71258&bz=22


そして、7日には小泉首相がいらっしゃる予定だったのですがシャロン首相が入院となりこちらはキャンセルになってしまいました。
とても残念でした。

スポンサーサイト

テーマ:イスラエル - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
はじめまして~
TBいただきました、『カシマシアントラーズ』のmochaです。
ありがとうございます~。イスラエル在住の日本人の方には今回のニュースは
スッゴく歓迎されたようで、
浩二ファンとしてはハナガタカイです~(* ̄^ ̄*)
ただイスラエルリーグに対しての印象がイマイチ良くなくて(スイマセン)
日本のJリーグのような地域密着型のクラブを見ているせいか
財力に頼って運営されているクラブチームには、
あまり行ってもらいたくないのです。
浩二も年齢的な事を考えても、次に行く所では
じっくり腰を据えていただきたいですし、
長い目で見るとイスラエルという選択はしづらいんじゃないかと。
短期ならアリかもしれませんが、そういう選択を出来る年齢でも
なくなってきてますのでねぇ(世間的にはメッチャ若いのにねぇ)
クラブチームは金持ちすぎても、ビンボーすぎても良くない気がしてます。
実際のところどうなんでしょうか?
サポーターが暴動を起こしたりすることとかはないんですかー?
レベル的には高いと聞いてます。教えてくださぁ~い
【2006/01/10 02:30】 URL | mocha #- [ 編集]


TBありがとうございました。
中田浩二にはちょっとがっかりでした。声をかけてもらえるだけ幸せだと思えないのでしょうか。なんだかそんな彼が哀れな感じもしてしまいます。でもこればっかりは本人の将来設計だと言われれば他人はなにも言えないですもんね。イスラエルは嫌だ、でもフランスではいらない。結局日本に戻らざるをえないのかもしれません。ものすごいチャンスなのにもったいない…。
お暇な時はまたお寄りください。
【2006/01/10 03:22】 URL | なんちゅまる #- [ 編集]

はじめまして
こんにちは、TB&コメントをいただき、ありがとうございます。
選手として試合に出場することがベストのはずなんですよね。イスラエルに関して、確かに漠とした不安があるのは分かります。(きこりこさんには失礼ですが)
ただそれは、慣れ親しんだ国から新しい国に移る際には、どんな国にでも付随するものでしょうけどね。
少なくともサポーターから歓迎と期待を寄せられていることを肌で感じたはずですから、期待されているクラブに戦いの場を移すことを願うのですが。
これからもよろしくお願いします。
【2006/01/10 04:15】 URL | コール #.8F7RpF2 [ 編集]

TBありがとうございました
TB&コメントありがとうございます。
拙Blogのきこりこさんへのコメントにも書いたのですが
欧州への拘りもあれば“イスラエル”という土地に対しての知識のなさも
あるのかなと思います。
(これは中田浩二だけでなく多くの日本人にいえることとして、自分も含め)

「自分を必要としてくれるところがあれば、行く」という侠気を見せて欲しいものですが…。
【2006/01/10 07:48】 URL | Biz_R #mQop/nM. [ 編集]


サワディ~カ~
「NAKATA」は有名だ、タイの片田舎へ行っても、日本人だと聞くと、「NAKATA」と言って寄って来る。最近、「KOIZUMI」も有名になりつつある。きっと、ここが日本ブームの真最中だからか、
「世界のNAKATA」はどぉしはるんでしょう? やっぱり、欧州→日本となるのでしょうか?おもしろい選択はなし? わからないサッカーのことを書いてしまいました。ところで、きこりこさん、お元気?
【2006/01/10 10:49】 URL | takoome #- [ 編集]

mocha様
浩二さんのファンなのですね。私はどちらかと言えば同じ日本人として応援したい、というかんじでしかもサッカーについてはあまり詳しくありません。
ですので私が知っている範囲でしか申し上げられないのですが、
べタル・エルサレムも熱狂的な地元サポーターさん達がいて浩二さんがいらしてももし活躍していただけるなら、きっと地元選手同様応援していただけると思います。
イスラエル人は結構がさつな人が多いですが、お酒を飲んで暴れたりする人はわりと少ないんです。大きな暴動は聞いたことがありません。
監督も素晴らしい人だと聞いていますし、イスラエルに来られても浩二さんのキャリアに傷がつくようなことは決してないと思います。
主人曰く、お金もあるし、監督もいいからこれから良くなるチームじゃないかなとのことでした。
【2006/01/11 00:37】 URL | きこりこ #- [ 編集]

なんちゅまるさん、コールさん、Biz-Rさん
やっぱりイスラエルに対してのイメージが悪すぎるのでしょうか。
中田選手も来られる前にかなり否定していましたものね。
とある掲示板をのぞいたら”オファーもらっておいてその言い方はイスラエルに失礼だぞ。”みたいな書き込みがあったのですが、そのくらいのこと言われてもイスラエル人は気にしません。(笑)
来てくださったら大歓迎だと思います。
でもご本人の考えるところがいろいろあるのでしょうから、どんな選択でも応援したいと思っています。
【2006/01/11 00:49】 URL | きこりこ #- [ 編集]

takoomeさん
タイの国民的スポーツってなんでしょう。タイボクシング?
イスラエルはサッカーとバスケがとても人気があって、皆うちにテレビがあるのにやたらと集まって見たがります。食べたり飲んだり話したりしながら、すごく盛り上がります。何か大きなゲームの決勝のある日などは結婚式に来たお客さんが早く帰ってしまうこともあるので途中でDJが経過を報告したり、会場の隅にテレビを置いたりしてあるところもあります。
【2006/01/11 01:01】 URL | きこりこ #- [ 編集]

イスラエルでの中田選手?
おひさしぶりにお邪魔いたします。 私はばあさんで、サッカーのことはあまりわかりません「ネットに玉が入れば勝ち!」くらいなことしか」。  でも中田のことくらいしっておりますよ。 いずれにしても、イスラエルのことはほんとにあまり知られてませんね。 私がイスラエルへ行くというと、危なくないんですか?と皆ききます。 こんどは小泉首相がイスラエルを訪問するというので、いい塩梅と思っていましたのに、シャロン首相が倒れられたので中止になってがっかりしました。 Kfar Yonaに住んでいる私の友達が彼はもうなくなったと言ってきたので、ビックリして、”I am very sad!"とメールをおくりましたら、あれはまちがいだった。 とにかく私の親戚でも家族でもないんだから、あなたがそんなに悲しむことはない。人は誰でも死ぬ。ですって。 だってねェ!  私はイスラエルの国のためにSorryだといったんですよ。  あの人はシャロン派じゃないのかな?
でも今日のニュースではかなりもちなおしたようですね。 
【2006/01/11 18:01】 URL | tenko-chan #iGjZhEtw [ 編集]

tenko-chan様
もし治安が心配でオファーが受けられないのでしたら、そういうイメージがあることが非常に残念ですね。
私もイスラエルに住んでいると言うと”大変ですね。”とか”大丈夫なんですか。”とか声を掛けられることが多いです。日本のほうが大変なこととか、大丈夫かしらと思う事だってたくさんあるのに。
お友達、シャロンさんを亡くなったことにしてしまうなんて、すごい早とちりですね。医療ミスだったなんていう話もありますけど、とにかく回復して欲しいです。
回復しても政治に戻るのは難しそうです。私なら前回入院した時点で引退を考えますけど、政治がよっぽど好きなんですね。
シモン・ペレスさんもよく引退すればと悪口を言われるのにまだまだがんばるおつもりみたいです。1年前に親戚の結婚式で見かけたときに勇気を出して話しかけたら、やさしく答えてくださいました。でもテレビで拝見するよりすごくおじいちゃんでしたよ。もう80代だそうです。
【2006/01/12 01:22】 URL | きこりこ #- [ 編集]


日本のtenko-chan様のうん十年前からの幼なじみです。あちらのブログから・・・
きこりこ様の所に飛んで参りました。私はお誘いを受けブログに入って半年ほどの新米ですがどうぞ宜しくお願いします。彼女のお蔭で”亡くなられたご主人さまの意思を継がれて”イスラエルのお話をいろいろブログに載せて下さるので、何も判らなかった私も少しずつ知識が増えて参りました。これからも勉強したいと思います。きこりこ様のお部屋には時々伺っていましたが今日は勇気を出してコメントさせて戴きました。4人のお子様と供に張り切りママの、お若いきこりこさまから吸収することが沢山ありそう♪ これからも応援して居ります。こちらにもどうぞ。
のんびり老後をすごしているchi-chamaですが。
【2006/01/13 06:21】 URL | chi-chama #- [ 編集]

chi-chamaさま
新米って、私も昨年の夏なんとなく始めたのですが、chi-chama様のブログを拝見してこの違いは一体ナニかしら!?と思いました。
すごく勉強してらっしゃる~。
老後ってどのくらいのお年かは存じませんけれども、いつまでもお勉強されるその姿勢お手本にさせていただきたいと思います。
これからもよろしくお願い致します。
【2006/01/14 21:53】 URL | きこりこ #- [ 編集]

ペレスさん
私の小学校からのお友達のchi-chamaさんがイスラエルからコメントをいただいたとすごく喜んでいらっしゃいました。 私が平和で進んだ国イスラエルのことをブログにかくので、大分皆さん認識を変えた方が多くなったと思います。 シャロン首相も大分持ち直してこられたらしくて、ほっとしましたが、政界復帰は無理でしょうね。シャロン首相のご家族が、枕元でモーツアルトを聞かせてあげたら大分効果があったとかなんだかホッとするお話が新聞に出ていました。 ペレスさんも一度遠くから実物を拝見した事がありますが、温和な方のようですし、おとしですし、もう少し若くて,シャロン氏のような強さがないとむりでしょうね。 今度は誰が首相になるのでしょうね。 主人はよく、強いひとでなきゃ駄目だといっていました。小泉首相が訪イをやめるだの、色々で、駐日イスラエル大使もふりまわされてお忙しくてたいへんらしいです。
【2006/01/15 13:46】 URL | tenko-chan #ebRvwIR. [ 編集]

同感です
ご主人のおっしゃったとおりだと私も思います。
国民が皆政治に関心があって、好きなことを言う、そういう国なのでそれをまとめられるしっかりとした人がいいですね。
【2006/01/15 23:20】 URL | きこりこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/66-92091faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中田よ、イスラエルはどうだい?

「盆は休めないが、その代わり秋に1週間くらい休んでもいい」そんな仕事を数年来しているせいで、秋に海外旅行するのが自分の中での一つの定番になった。3年前はタイ、2年前は韓国、そして去年は・・・ところが昨年は上司から「1月にしてくれ」と言われてしまい、秋の海 田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)【2006/01/09 10:25】

イスラエルのサッカー

日本、韓国、イスラエルの3カ国が対戦し、日本は両国に対しまるで歯が立たなかったオリンピック予選の模様を伝えるサッカーマガジン。僕が物心ついて最初に読んだサッカーの記事はこれでした。当時はまだ、イスラエルがサッカー地図においてもアジアだったのですね。もう30 珈琲もう一杯【2006/01/10 10:23】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。