イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田浩二選手の移籍に関する報道を分析
先日主人が海外から帰ってきました。

主人に

”中田選手、ベタル・エルサレムへの移籍を断ったそうよ。”

と言いましたら、

”いや、イスラエルに移籍するって、今日来る飛行機の中の新聞で読んだよ。”

と言いました。

”そんなことないわよ、だって中田選手のコメントがちゃんと出たんですから。”

”ヌー、だから今日新聞で読んだんだって!”


”ヌー、だけど、飛行機の新聞って1日前のだったりするんだって!”


と、まあこんなやり取りをしながら、最後に主人は

”じゃ、ナカタは来ないけど、また違うの来るから心配ナイ問題ナイ。”

と言いました。




確かに中田選手がコメントを正式に出さなかった間、イスラエルでは80%から100%の割合でベイタル・エルサレムに移籍という報道がされていたようです。



どうしてこんなことが生じてしまったかを私なりに分析してみたのですが、、、、。



イスラエルの報道にはフィルターがかかっていたり、捏造が多かったり、ということでは決してございません。
むしろ訴訟の国ですからやたらなことを書いて利害が生じた場合、すぐに訴えられます。






私は、ここに日本とイスラエルの文化のギャップ本音と建前の日本(ふるいに掛けず思ったことは何でもストレートに言うイスラエル)があるのではないかと考えました。


まず、中田選手が入国審査に時間がかかり足止めを食らったのに、笑顔で入国、そして出てきたコメントが

怒っていません。”

でした。

イスラエル人ならこの時点でもうこの国に対して文句タラタラ、、、、(待つのは嫌いなイスラエル人

ところが文句どころか、中田選手から出てくる言葉は、

イメージが変わった。”

環境が良い。”

チームのレベルが(思ったより)良い。”

と一言も悪い言葉がないのです。日本人なら中田選手の人柄も見ることが出来ますが。


というわけで前向きプラス思考、楽観的なイスラエル人達はだれでも移籍間違いないと思ったはずです。ね?

しかもなかなかコメントが出ない。= イスラエル人の予想もっといい条件<年俸>を要求してくるに違いない。 ←深読みしすぎですか?






ところが蓋を開けたら、あのコメント。


日本人ってわかんね~な~。”

これがイスラエル人たちの正直な気持ちだったに違いありません。

でもすぐに

ま、いいや。去るものは追わず。じゃ、もっといいの探そう。でもナカタよ、来たくなったらいつでも来いよ。”
(イスラエル人の立ち直りの早さ、切り替わりの速さ、時と場合により寛大


というわけで、あれは決して捏造ではなく、ウラとオモテや建前を知らないイスラエル人が日本人の言葉を真に受けた良い例だったのではないかと、、、そう私は分析したのでございます。←どうでもいい分析ですか?





そして今後の中田選手の行方なのですが、、、

もしウクライナに行かれるなら絶対に治安が要因ではナカタ、、、、いや、いや、じゃなくて、なかった、と言い切れると思います。


イスラエルにはウクライナやロシアからドサクサにまぎれてユダヤ人といっしょに移民してきた方達がたくさんいらっしゃいます。
あちらのほうが治安や経済では混乱が見られますものね。


いずれにしろイスラエルに一度は心を動かされたようなので、後悔しないよう、もっと素晴らしいチームで、もっと素晴らしいプレーをしていただきたいですね。今後の活躍が楽しみです。


今回の件でイスラエルサッカーについて少し知ることができ、説明が大嫌いな主人もわりとサッカーについてはあれこれ説明してくれることがわかりましたので夫婦の溝も少し埋められた気がしております。

中田浩二選手、がんばってくださ~い。そしてありがとうございました~。









スポンサーサイト

この記事に対するコメント

おはようございます^^いつも楽しく拝見させていただいております。私も最近ブログを立ちあげたので、ちょっと変わったブログですが、時間がありましたら見てあげてください。笑
【2006/01/15 09:21】 URL | MOKK
#- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/69-c1f1bdbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。