イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の季節
イスラエルの気候はだいたい地中海性気候(大部分)と砂漠気候に分けられます。

イスラエルの人達はイスラエルに四季があるというのですが私から見ると雨季と乾季の間に少し春と秋があるかしら(?)というかんじで春はとても早く終わってしまいます。
6年前から花粉症になりました。この時期に日本に帰ると大丈夫なので、どうやらイスラエルの花粉に反応するようです。


赤と紫の野生種のアネモネです。十字軍の頃ヨーロッパに持っていかれ、改良されたそうです。イスラエルでは野生種は保護されていて、摘んではいけないことになっています。


2006-springpoppi.jpg


真ん中は菜の花でしょうか?タンポポに似た花(左下のちょっと小さめの花)もご覧になれますか。

20060305220305.jpg


冬に植えたチューリップが芽を出し始めました。長い間チューリップはオランダ原産と信じていたのに、この辺が原産地だそうです。後にヨーロッパに持っていかれ、オランダの花になりました。

20060305220533.jpg


うちの庭を造ったときに、大きな岩を拾ってきました。
春になるとその岩の上にかわいらしいシクラメンが咲きます。野生種のシクラメンなのでたまたま球根ごと拾ってきてしまったのだと思います。
シクラメンもイスラエルやトルコ辺りの地中海沿岸が原産地です。

2006-springsyclamen.jpg


ところでシクラメンの和名をご存知でしょうか。




ブタノマンジュウ

っていうんだそうです。ズコッ。

たまたまシクラメンについて調べていて知ってしまったのですが、それ以来、シクラメンが
”それは~、ないでしょう、、、♪”
と歌っているのが聞こえてきます。
いや、歌っているような気がしてならない私です。


ガリラヤ地方の花ばかりでしたが、サボテンなども花を咲かせるそうですから砂漠に咲く花もきれいなのではないかと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

私のブログに訪問andコメント有難うございます!
イスラエルの多種多様な植物については、イスラエル大使館のサイトや『地球の歩き方』によって知っていましたが、やっぱり羨ましいです。
私は東京に住んでいるので、殆ど野生種などの植物には接触出来ないんです。
イスラエルに行ったら、史跡だけではなく、自然も見物ですね(*^ー゚)
【2006/03/06 08:30】 URL | チャム #mB.BT9Ic [ 編集]

自然
夏は植物が枯れてしまうのですが、春の野山はそれを見に来るだけでも価値がある気がいたします。
【2006/03/06 22:50】 URL | きこりこ #- [ 編集]


サワディ~カ~
そうですよね、そっち、原種が一杯あるんですよね、
いいですね、私、シクラメンの原種大好きで、日本にいたときは専門家から頂いたことがありました。ッて、かなり昔、今はではそれも改良されて、商品として出回ってますけどね、
いいな、春、行ってみたいなぁ
【2006/03/07 09:07】 URL | takoome #- [ 編集]

二月に行きたかった!
昨日イスラエル人のお家によばれていきましたら、日本イスラエル親善協会の方たちが沢山見えていて、二月にツアーでイスラエルへ行ってきたと、写真を見せていただきました。丁度、アネモネやシクラメン(ぶたのまんじゅうとは可哀そう!)が沢山咲いているところだったそうで、羨ましくなりました。 でも私は去年の九月に行ったばかりだし、個人的に会いたい方が沢山居るので、個人行動ばかりしていてはお仲間に迷惑をかけると思っていきませんでした。 一昨年の秋には来年の二月にはイスラエルの花をみに行こうと主人と言っていましたのに、かないませんでした。  こんど行けたら二月のおわりごろに行きたいと思います。 ぶたのまんじゅうを見に...
【2006/03/07 17:58】 URL | tenko-chan #ebRvwIR. [ 編集]

takoome様
ぜひいらして下さいませ。トルコに思いを入れていらっしゃるようなので、是非トルコ経由で。ね?
【2006/03/08 15:16】 URL | きこりこ #- [ 編集]

tenko-chan様
来年の二月はぜひ!
tenko-chanさんなら皆さんに泊まって行ってって言われるでしょう?
イスラエル人はすぐに家に招きいれてくれてとても親切ですよね。
【2006/03/08 15:21】 URL | きこりこ #- [ 編集]

行きたいな
有難うございます。 ふところぐあいと相談で、いきたいですねェ! またきこりこさんという素敵なお友達がふえましたし。
直行便が早くできるといいんですけれど、どこか経由となるとついそっちも見たくなりますので、余計お金がかかります  あまり年をとらないうちに行きたいなァとおもいます。 ほんとにイスラエルの方たちは気軽に泊めてくれますので、去年もEilatとDead Seaだけはホテルにとまりましたが、みんなそれぞれ泊めてくださいました。 泊まらないとどうして家へこなかったなどと怒られるくらいでした。 人気者はつらいよ...な~んて!
日本では、お風呂やシャワーが各部屋についていないので、外人は泊めにくいので困ります. でも主人が私の家はプライベートのベートシャロムだなんて書きましたから泊めてあげなければなりません  ベートシャロムってご存知でしょうか? マクヤともう一つのキリスト教の団体で、イスラエル人を無料で泊めてくれるところなのです。 とくに 兵役を終えて旅行する若者が喜んで泊まるところです。家はそれではありませんが、イスラエルのお友達などが来るとたまに泊めてあげるのですが、古い家で、畳のお座敷に布団を敷いてあげるととても珍しがって喜ぶのです。
【2006/03/09 14:09】 URL | tenko-chan #ebRvwIR. [ 編集]

ベートシャローム
そういう名だったかちょっと覚えていないのですが、日本に行くときはよく埼玉県にある教会にお世話になりました。そこの方達もイスラエルが大好きで、よくイスラエルのことを勉強されていて、毎年ロッシュハシャナとハヌカとペサハは希望者は自由に参加できる盛大なお食事会を開いてくださいます。
私達は泊まったことがないのですが、イスラエル人のお友達はよくそこに泊まったといっていました。
そこで高校時代の親友のいとこ(彼女もイスラエル人と結婚している)という人にも偶然会いました。
マクヤはイスラエルではとても有名ですね。最初のころ、時々マコヤ(マクヤ)か?と聞かれることがありました。卒業後に学生時代の友人がマクヤだったことを知りイスラエルの友人達と訪ねていったら、すごく喜んでくれました。
ヘブライ語の歌を皆で歌ってとても盛り上がりスラエル人さんたちも大変喜んでくれました。
日本にいたとき主人が私の家族と同居するのを嫌がったのでアパートを借りていました。すごく狭いアパートなのにどこからともなく兵役を終えて旅行しているとうイスラエル人や英語を教えに来ている外人講師の人たちやとにかくいろんな人が集まってきました。冷蔵庫に入れておいたものが空っぽになっていたり、交通事故を起こした人を助けたりと(どこに行ってもよく事故を起こす)いろいろなことがありましたけど、今となってはよい思い出です。
【2006/03/10 10:25】 URL | きこりこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/81-2a678630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乾季乾季(かんき)とは、1年の内降水量の少ない時期のこと。乾期、乾燥季(かんそうき)とも書く。逆に降水量の多い時期を雨季という。熱帯モンスーン気候やステップ気候などに見られる。アフリカなどではこの時期に主に草食動物|草食の動物がえさと水を求めて大移動をする 日本の心-四季折々の風情を感じ...【2007/07/28 08:19】

雨季1年の内、降水量の多い時期を雨季という。逆に降水量の少ない時期を乾期という。特に日本の雨期を梅雨と呼ぶ。サバナ気候や熱帯モンスーン気候に顕著である。赤道に近い地域で、四季のない地域であっても、雨季と乾季の交代が1年の季節を感じさせることがある。.wikilis 日本の心-四季折々の風情を感じ...【2007/07/28 11:39】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。