イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリム
ユダヤ暦のアダル月14日、15日(大体2、3月頃)はプリムという祝日を祝います。
今年はちょうど西暦の3月14日、15日にあたります。(ユダヤ教では日没から日没までを一日とするので正確には13日の夜から)

さてこの日はどんな日かと言いますと、旧約聖書のエステル記に書いてあるはるか昔、紀元前の出来事を祝う日なのでございます。
そんな昔のことを!と思われるかもしれませんが、ちゃ~んとこの記念がユダヤ人の間で代々受け継がれて絶えることがないようにとも書かれております。



簡単に説明いたしますとエステル記とはこんなお話です。

むか~し昔インドからエチオピアにわたって多くの州を支配していたアハシュエロス(ヘブライ語でアハシュベロッシュ)という王様がいました。

王様はこんなことやあんなことがあり、新しく王妃を選ぼうとしていました。
そこで王様の目に付いたのがユダヤ人モルデカイの従姉妹です。
モルデカイははるかエルサレムから捕虜として連れてこられていました。
モルデカイの従姉妹の名前はハダッサといいますが、エステルというのはヘブライ語の名前です。(ハダッサはペルシャ名)
エステルの両親は亡くなっていたので彼女はモルデカイに育てられたのですが、エステルが王様にに選ばれたとき、モルデカイは
”ユダヤの民であるということ、そして同族についても隠しなさい。”
と助言します。

王様は大変エステルを気に入り酒宴を開き、エステルを王妃として迎えようとします。

さてその頃、王様にはハマンという名の男を重臣として寵愛していました。
王様の家来たちは皆ハマンに敬礼しないといけないことになっていたのですが、モルデカイは敬礼もひざまずくこともしませんでした。
怒ったハマンは王様に、王様が治める国の中に散らばって別れ別れになっている民族がいるけれども、彼らは王様の法律を守らない(ユダヤ人にはユダヤの律法があるので)と告げ口をします。

そして王様にユダヤ人を全滅させてもいいよう許可を求めます。

プル、というのはペルシア語でくじという意味でそれが複数形なのでプリムとなったということです。。
なぜ複数形かは王様がハマンの目の前でくじを投げさせユダヤ人を全滅させるを選んだからです。

そしてそれを知ったエステルはまず、その都に住むユダヤ人に断食を呼びかけます。
ですので敬虔なユダヤ人は今でもプリムの前日に断食をします。
そしてユダヤの法に背いて(非ユダヤ人と結婚してはならない)王に嫁ぐ決心をします。

王はエステルのために酒宴を開きます。酒宴の日にいつもエステルに王妃にしたら何を求めるか聞きます。
エステルは翌日酒宴を設けに王とハマンだけに来るようお願いします。ハマンはそれを聞いて大喜びしますが、相変わらず敬礼しないモルデカイには激怒していました。

その夜王様はなかなか寝付けず日誌を持ってこさせるのですが、そこでかつてモルデカイが王を暗殺から救ったことが記されているのを知ります。

二日目の宴会で王はまたエステルに何が欲しいか聞くのですが、ここでエステルは自分と民族の命を救うようお願いし、自分の正体を明かします。そしてユダヤ民族を滅ぼそうとしたハマンを差します。

王は自分を救ったモルデカイを殺そうとしたハマンを、ハマンがモルデカイの処刑に用意した木に掛けました。皮肉ですね。

その後モルデカイには王様に次ぐ位が与えられ、ユダヤ人は救われました。

そしてモルデカイはアダル月の14日、15日を酒宴の日、喜びの祝日に制定します。また互いに食べ物を贈り、貧しいものに施しをと呼びかけたので、プリムにはミシュロアフ マノットといってプレゼント(オズネイハマンというクッキー、お菓子やワインなど)を贈る風習があります。子供のプレゼントのオマケにはよくマスクや音のなるもの(笛とかガラガラみたいなもの)を入れます。
それからこの頃は兵士に贈るプレゼントを集めたり、募金を街頭や各家庭に集めに来たりします。

プリムに仮装をする習慣は、エステルが正体を隠した事を由来とし、イタリアのユダヤ人の間で最初に始まったようです。


プリムは楽しむ日なので仮装をしたり、大人はたくさんお酒も飲みます。
普段ユダヤ人は酔うまで飲むなと言いますが、この日だけは自分を忘れるくらいまで飲んでよしとしています。子供にも大人にも楽しい祝日です。

プリムの日にお友達が結婚しました。この知人達結婚式で飲みすぎて道路に座り込んじゃいました。
まあ、この人たち、年中プリム(?)みたいな気がしないでもないですけど、、、。

20060315001042.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

イスラエルにあるさんかくのクッキーはオズナイムハマンでしたっけ?
主人は 悪いやつの耳を食べる。食べてやつにやられたことを思いだす日
といっていましたが・・・耳を切って処刑されたのでしょうか?エステル記を
よまなきゃいけないなーv-221
【2006/03/14 09:13】 URL | BUBA #0dVQ8k3A [ 編集]

オズネイハマンのことですね
どうしてそういう習慣になったかいくつかの説があるようです。
今日いろいろ質問したくて、ラビに招待されていたプリムのお食事会に行ったのですが、遅刻してしまったし、子供達がギャーギャーとか人がたくさんいて皆さんとお話していたら肝心なことをすっかり聞くのを忘れて帰ってきてしまったことに気付きました。
【2006/03/15 00:20】 URL | きこりこ #- [ 編集]

ハマンの耳
あの三角のお菓子はこのハマンの耳なのですね。 この間家のお雛様をみに来たイスラエル人の友達のお嬢ちゃんのお誕生日が3月9日なので、プリムと兼ねてお祝いしたといっていました。  いろいろ詳しく教えていただいて、勉強になりました。 
【2006/03/17 07:55】 URL | tenko-chan #ebRvwIR. [ 編集]

ハマンの耳
おいしくて食べ過ぎて困ります。
基本はなつめやしのジャムなのですがいろいろなバージョンが出ていまして今年はチョコレートも買いました。ナツメヤシのはお義母さんにいただいて(多分2kgくらい)どうしたらよいのでしょうかー。
【2006/03/18 23:21】 URL | きこりこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://israelnotsubo.blog17.fc2.com/tb.php/83-b1a83374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペルシア語[f?rsi]familycolor=lawngreenstates=イランと周辺諸国region=中央アジアspeakers=約4600万人rank=19family=インド・ヨーロッパ語族 インド・イラン語派  イラン語群  &nbsp アジアで使われている言語【2007/11/17 18:18】

ペルシア語[f?rsi]familycolor=lawngreenstates=イランと周辺諸国region=中央アジアspeakers=約4600万人rank=19family=インド・ヨーロッパ語族 インド・イラン語派  イラン語群  &nbsp アジアで使われている言語【2007/12/04 09:05】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。