イスラエルのツボ
イスラエルの片田舎から。こちらの日常をのんびりと綴ります。
イスラエルのツボへようこそ

free counters

プロフィール

きこりこ

  • Author:きこりこ
  • イスラエルの片田舎でのんびりと4児の母をしております。
    2009年夏、ガリラヤ地方で和風旅館を始めました。
    通訳や翻訳の仕事をすることもございます。

メールフォーム(何でもお気軽にどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

マウスについてくる星

きこりこのオススメ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子がディズニーランドで驚いたこと
10月10日、連休のど真ん中にディズニーランドに行ってまいりました。
翌週はタイに行く予定でしたし、その日しか弟夫婦が行けないとういので、ハイハイお願いします、、、と連れて行ってもらいました。


天気予報では朝雨でしたので、中止も考えたのですが、
”朝だけみたいだし、雨が降ったほうがかえって空いていいんじゃない?”なんて言ったものの、行ってみたら大間違い


ひょっとして皆同じこと考えてたのかしらん。。。


↓どこに行ってもすごい行列、、、、きこりこ、クラッ、、

ron_in_japan2010 196


↓すごい人混み、、、、クラクラッ、、、

ron_in_japan2010 233small

数え切れないくらいディズニーランドに行っている、という義妹でも、こんなに混んだことはなかったそうでございます。

どこに行っても30分~3時間半待ち、、という状態ではありましたが、義妹がいろいろ便宜してくれたおかげで結構乗りたい乗り物にも乗れましたし、見たいショーやパレードも見ることができました。





イスラエルに帰ってきて、次男が兄弟たちに、ディズニーランドの写真を見せながら
”日本人はすごいんだよ、、、”
と何か一生懸命説明している様子。





”日本人はすごいんだよ、3時間も行列を作って待っているのに誰も文句を言わないし、横入りする人がいないんだ!”

※日本では常識でもイスラエル人にはこれがなかなかできないのでございます、残念なことに。


日本に着きました
9月29日に日本に着きました。
出発前今まで使ったことのないウズベキスタン航空にちょっとどきどきしていましたが、そんなに悪くなかったです。

期待していなかったせいか、思ったより良かった、というのが感想でございます。
機内の免税販売なし、ヘッドフォンの穴があるのにヘッドフォンを配らない、トランジットの待合場所に何の掲示板もない、など???な点もありましたが、あの値段でしたら納得でございます。
トランジット、フライト時間が短い事、フライトが夜なので午後ゆっくり出られること、飛行機も新しくて値段も安いのでこの次も日本に行くのにぜひ使いたいと思いました。あ~、なんだか日本が近くなった感じ

さて、着いてからすぐは大森のホテルに滞在し、スィムハットトラーとシャバットが終わるまでハバッドハウスに通いました。
ハバッド派の方たちは世界に広がり、ユダヤ人がコシェル(ユダヤ適正)食品を食べられるようにコシェルレストランを開いたり、コシェルフードの配達をしたり、祈祷に必要なグッズなどを手に入れるのを手伝う活動などなど、、、をしています。

とても神聖な数日間を過ごした後、土曜の夜、シャバットが明けると新宿に格闘技を見に行きました。”またですかぁ?”とかおっしゃってます??



”新・四角いジャングル”でございます。

ron_in_japan2010 154small

シャバットが明けるのを待ってから行きましたので、最初のほうの試合は見られませんでしたが、44歳同士対決でUKF世界王者になった黒田さんの試合が印象的でした。

次の日、日曜日の朝はしながわ水族館に行き、友人達と会って大森を出ました。
途中COSTCOに寄って、コシェル食品を買いながら、実家に着いたのは日本到着4日後の夜遅くのことでした。

ウキウキ☆新しいパソコン
昨年の暮れくらいからでしたか、パソコンの具合が悪くなりまして、パソコンが勝手に終了してしまって、書いていた仕事やメール、ブログが消えてしまうという不具合が続いておりました。
何度修理に出しても、修理を違う所に出しても全然直らないので、思い切って買い換えました。

おとといから新しいパソコンです♪

明日から久々に休暇をとって家族旅行なのにパソコンで見たかった、調べたかったものがたくさん、、、。
休暇から帰ったきたらパソコンに張り付いている私の姿が見えてきます、、、、、。

では、行ってまいりま~す♪
忙じがっだぁ~
8月にイスラエル、ガリラヤ地方に旅館をオープンいたしました。
許可の申請に10年以上、許可が下りてすぐ建設に取り掛かったのですがいろいろこだわっている内に2年の月日を費やしてしまいました。

オープンしたら、あとはお客様を待つばかり、、、、と思ったら




大間違い




お客様は待っていてもいらっしゃいません。




オープンしたら今度は宣伝活動をしなくてはいけないのでございました。
(オープン前に宣伝するという方法もございますが


口コミが一番!

と言われますが、宣伝の速さではやはりインターネットでございます。

インターネットで宣伝を始めるとこんどはあちこちの新聞や雑誌から電話がかかってきました。中には記事を書くかもしれないからただで泊めて、とか、無駄な宣伝サイト(掲載しても予約につながらない)もたくさんあるということを学びました。




そして旅館業もだんだん軌道に乗ってきた11月、時々している通訳の仕事の依頼もやってきまして5週間朝から晩まで働き通しの日々を過ごしました。

12月半ばはパソコンを使うお仕事も引き受けまして、またまた仕事に追われる毎日でした。

12月下旬は長男のバルミツバのパーティーに出席するために日本から弟家族もやってきて年末年始ドンちゃん騒ぎに参加してもらいました。 ←メークはやっぱり魔女とか歌舞伎とか不評でございました。


仕事の疲れが溜まったのか、パソコンの仕事に精を出しすぎたのか、もしくは年のせいなのか(ほら、四十肩とか五十肩とか言うでしょ)弟家族を空港に送っていった次の日の朝から腕が持ち上がらなくなってしまいまして、結局薬を飲むことにして、今落ち着いてきております。(お医者様の話では肩の筋が炎症を起こしていると言うのですがどうしてわかるのでしょうか??)

ん~、何だったのでしょうか。

あの忙しさったら、、、。

今は腕の方も落ち着いて、日本から持ってきてもらった村上春樹さんの本など読んでいる今日この頃でございます、、、。


いろいろな愛の形
いつだったか週末友人が家族で泊まりに来たのですが、ご主人と喧嘩になってしまいました。
私に愚痴をこぼす友人、それを聞く私。
そんなアラフォーの友人達の愚痴は皆似たりよったりなのでございます。

私は
『男の人って皆そうみたいよ、うちだって同じだし、皆同じような愚痴こぼすもの。少しくらい疲れていてもご主人にちょっと優しい言葉を掛けられたりすれば、頑張ってしまうのに。男の人ってどうしてそういう女の気持ちがわからないのかしらね~。』
と言いました。
すると友人は
『繊細で、優しくて、女の気持ちがよくわかる男の人、知ってる?』
と言いました。
『そんな男性いるの?』
と聞き返すと、友人は
『いるんだけどね、そういう男性は残念なことに、皆ホモなのよ~。』
と言いました。


なるほど。








ところで昨日いつものように旅館zimerの予約の電話を受けました。

『シャローム、きこりこ?僕の名前はツビ(仮名)。インターネットで君の旅館を見たので電話したのだけど詳細を教えてくれないかなァ。』

『〇*-+@・・・・・・』
(省略)

『それで、いくらなんだい?』

『人数は何人ですか?1組ですか、2組ですか?』


『זוג ・(一組)だよ。』

そうしてなんだかんだ会話が延々と続きました。とても細かいところに気がついて、知的で、優しい男性、という印象を受けました。誕生日のお祝いにと思って、とおっしゃるので奥様、よっぽど愛されているのね、と思いました。





そして予約完了、と思った時ツビさんったら









『男性二人だけど、別に君、、、そういうの気にしないよね??』


とおっしゃいました。




ぇえ?


あ、、、、、そなんですね、、、、


勿論、、、、気にしません、、、、。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。